『スター・ウォーズ』スピンオフ、来年イギリスで撮影へ! 英財務大臣がツイート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『スター・ウォーズ』スピンオフ映画の監督を務めるギャレス・エドワーズ - Vittorio Zunino Celotto / WireImage / GettyImages

 映画『GODZILLA ゴジラ』(2014)のギャレス・エドワーズ監督がメガホンを取る『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画(2016年公開予定)の撮影が来年、イギリスで行われることが明らかになった。

 イギリス財務大臣のジョージ・オズボーン氏は現地時間10日、映画『スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)』の撮影現場を訪れたといい、「『エピソード7』の現場より今夜、別の『スター・ウォーズ』がイギリスで製作されることを発表します」とツイート。スピンオフが『エピソード7(仮題)』と同じ英パインウッド・スタジオで撮影されることを明かした。

 The Hollywood Reporterによると、撮影は来年行われるとのこと。その他の詳細についてはまだ明かされていない。

[PR]

 イギリスは近年、ハリウッド映画製作に対して優遇措置を取っており、撮影を積極的に誘致している。オズボーン氏は『スター・ウォーズ』シリーズをイギリスで製作してもらうことで、この動きを推し進めていく意向を示している。

 同スピンオフ映画はギャレス・エドワーズ監督がメガホンを取り、『ザ・ウォーカー』『アフター・アース』のゲイリー・ウィッタが脚本を執筆する。全米公開は2016年12月16日を予定している。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]