福島原発映画の脚本家、被災者をおとしめる国に怒りの主張!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
なぜ東電の名前を出さないのか? 疑問を呈した脚本の井上淳一

 原子力エネルギー問題の実像に迫る映画『あいときぼうのまち』の舞台あいさつが19日、都内・シネマート六本木で行われ、メガホンを取った菅乃廣監督、脚本家の井上淳一、さらには千葉美紅黒田耕平大島葉子大池容子瀬田直里見瑤子伊藤大翔杉山裕右ら出演者が勢ぞろい。檀上で井上は、「われわれは映画の中で『東電』という名をあえて出した。この作品は、想像力の足りない政治家や国への水際の抵抗です!」と主張した。

映画『あいときぼうのまち』フォトギャラリー

 本作は、日本の原子力政策に翻弄(ほんろう)され続けた福島のある一家の、4世代約70年(1945~2012年)にわたる葛藤の日々を描いた壮大な人間ドラマ。福島県出身の菅乃監督が初めてメガホンを取り、若松孝二監督の弟子で『戦争と一人の女』で長編初監督も務めた井上が脚本を担当した。

[PR]

 この映画を作るきっかけについて菅乃監督は「福島第一原発の爆発映像があまりに衝撃的で、その日以来、故郷の福島をより強く意識するようになった。放射能に関わるさまざまな差別を目の当たりにしているうちに、故郷を失った難民のような気持ちになり、福島を舞台にした映画を撮りたい! という思いが募った。やっとこの日を迎えられてうれしい」と感無量の様子。

 一方、監督から脚本を託された井上は、最初は震災を受け止めきれず不安だったと明かしながらも、声を荒げ、「ドキュメンタリーでは『東電』と名指しで批判するのに、なぜかテレビや映画のフィクションの中では『東電』とは決して言わない。僕はこれが不思議でしょうがなかった」と主張。

 さらに「僕たちはもう自ら自粛や忖度(そんたく)という名の表現の自由を放棄している。その思いを込めて『東電』という名を映画の中であえて使いました。この作品は、例えば『金目』などという下品な言葉で被災者の方をおとしめようとしている、想像力の足りない政治家やこの国に対する水際の抵抗なんです!」と持論を展開した。(取材:坂田正樹)

映画『あいときぼうのまち』は6月21日よりテアトル新宿ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]