小児愛者の神父たちによる性的虐待事件が題材…マーク・ラファロ&レイチェル・マクアダムスが出演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
共演決定! - マーク・ラファロとレイチェル・マクアダムス - Michael Caulfield / Getty Images(左)Dan MacMedan / WireImage / Getty Images(右)

 映画『扉をたたく人』などのトーマス・マッカーシー監督がメガホンを取り、カトリック教会の児童性的虐待事件を描く映画『スポットライト(原題) / Spotlight』に、映画『アベンジャーズ』のマーク・ラファロと、映画『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスが出演することになったとDeadline.comが伝えた。

レイチェル・マクアダムス出演映画『きみに読む物語』フォトギャラリー

 本作では、ボストン・グローブ紙の記者と編集者たちにより暴かれた、小児愛者である神父たちによる、数年にわたる児童性的虐待の事実と、カトリック教会による隠蔽(いんぺい)が描かれる。『スポットライト(原題)』というタイトルは、調査記者たちがスポットライト・チームと呼ばれたことに由来する。

[PR]

 ラファロとマクアダムスは、1年にわたって被害者たちに取材し、何千ページもの資料を検証、教会の隠匿を暴いた記者、マイケル・レセンデス、サーシャ・ファイファーをそれぞれ演じる。また、マイケル・キートンリーヴ・シュレイバーが編集者役で出演することになっている。

 本作の撮影は、今秋開始予定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]