フレンチレストランとインド料理店の攻防戦!ヘレン・ミレン主演作11月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
おいしそう…… - 映画『マダム・マロリーと魔法のスパイス』日本版ポスタービジュアル - (c) 2014 DreamWorks ll. Distribution Co. All Rights Reserved.

 老舗フレンチレストランと新興インド料理店が巻き起こす攻防戦を描いた映画『The Hundred-foot Journey』の邦題が『マダム・マロリーと魔法のスパイス』に決まり、11月1日より日本公開されることがわかった。『クィーン』でアカデミー賞に輝いた名女優ヘレン・ミレンが気位の高いフレンチレストランオーナー、マダム・マロリーにふんし、『ショコラ』のラッセ・ハルストレム監督がメガホンを取って、料理によって人々が文化の壁を超えてつながり合うさまをコミカルかつ感動的につづっている。

 南フランスでマダム・マロリーが経営するミシュラン一つ星フレンチレストランの真向いに、インド料理店が開業したところから物語はスタート。究極の味と穏やかな雰囲気を重んじるフレンチレストランに対して、にぎやかな音楽とともにスパイスたっぷりの料理を提供するインド料理店。相いれない二つのレストランの間で繰り広げられるバトルが、やがて人々の心に変化をもたらしていく……というストーリーだ。

 マダム・マロリーと対立するインド料理店のオーナーにふんしたのは、『ぼくの国、パパの国』のオム・プリ。“絶対味覚”を持ったインド青年ハッサンを新星マニッシュ・ダヤル、ハッサンが恋するフレンチレストランの副料理長マルグリットを『イヴ・サンローラン』のシャルロット・ルボン、二つのレストランの間で右往左往する市長を『仕立て屋の恋』のミシェル・ブランが演じている。

[PR]

 原作は、世界中でベストセラーになっているリチャード・C・モレイスの処女小説で、これにほれ込んだプロデューサーのジュリエット・ブレイクが即座に映画化権を取得。彼女のプレゼンを受けたスティーヴン・スピルバーグオプラ・ウィンフリーも共同プロデュースに名乗りを上げ、強力タッグでの映画化が実現した。実力派のスタッフ、キャストのみならず、気品あふれるソースを使った一流フレンチや、スパイスが香ってくるようなインド料理といったおいしそうな料理の数々が本作を彩っている。(編集部・市川遥)

映画『マダム・マロリーと魔法のスパイス』は11月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]