K、“初脱ぎ”シーンにド緊張!「2か月も前から筋トレ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
俳優初挑戦したK

 8月にタレントの関根麻里と結婚した韓国人歌手Kが7日、自身が主題歌を担当したショートフィルム「ビタースウィート~オトナの交差点~」のPRイベントに、キャストの本仮屋ユイカミッキー・カーチスと共に出席した。

【写真】Kの“初脱ぎ”シャワーシーン

 ネスレ日本「キットカット」の“コンセプトシネマ”として制作された「ビタースウィート~オトナの交差点~」は、さまざまなオトナたちが前向きな一歩を踏み出すまでを描いた四つのストーリーから成る短編作品。その中の一つ「秋子篇」では、Kがメインキャストとして俳優にも初挑戦している。

[PR]

 劇中には“初脱ぎ”となるシャワーシーンも登場するが、そのことについて話を振られたKは「いや~緊張しました。実は2か月も前から筋トレをして、見られても良いようにしていたのですが、結局肩(から上)までしか使われませんでしたよ」と明かした。

 トークセッションの後半には映画心理カウンセラーのコトブキツカサが登場し、それぞれが挙げた好きな映画からその人の心理を分析。『ターミネーター2』などを挙げたKは「正義感が強く、今誰かを守りたいという意思があるようですね」と分析結果が伝えられると、ミッキー・カーチスからすかさず「奥さんだな!」と突っ込まれ、照れ笑いを見せていた。(編集部・中山雄一朗)

ショートフィルム「ビタースウィート~オトナの交差点~」はネスレシアター on YouTubeにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]