「2001年宇宙の旅」続編がテレビミニシリーズ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アーサー・C・クラークさん - Luis Enrique Ascui / Getty Images

 アーサーC・クラーク著「2001年宇宙の旅」シリーズの最終巻「3001年終局への旅」が米ケーブル局SyfyでテレビミニシリーズになるとDeadlineなどが報じた。

【写真】『2001年宇宙の旅』フォトギャラリー

 脚本は映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』のキャラクター原案、映画『アイ・フランケンシュタイン』の原案/脚本/監督を担当したスチュアート・ビーティーが執筆するとのこと。リドリー・スコットデヴィッド・W・ザッカーがエグゼクティブ・プロデューサーを務めるという。

[PR]

 4作品からなる小説「オデッセイ・シリーズ」で映像化されたのはスタンリー・キューブリック監督映画『2001年宇宙の旅』とピーター・ハイアムズ監督の『2010年』のみ。「3001年終局への旅」は、アーサー・C・クラークとキューブリック監督の遺産管理団体から賛意とサポートを得たうえで製作されるという。

 「わたしは以前からクラークの『オデッセイ』シリーズとキューブリックの『2001年宇宙の旅』の大ファンでした。あの伝説的な作品を視聴者に届けられること、ストーリーにふさわしい最高の映像を継承していけることに興奮しています」とリドリー・スコットはコメントしている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]