サム・ライミ、『死霊のはらわた』チームで新作スリラー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新作スリラー映画を『死霊のはらわた』チームで製作! - サム・ライミ監督 - Samir Hussein / Getty Images

 サム・ライミ率いるリメイク版『死霊のはらわた』(2013)の製作チームが再集結し、新作スリラー映画を手掛けることがわかった。ゴースト・ハウス・ピクチャーズが発表した。

リメイク版『死霊のはらわた』フォトギャラリー

 新作『ア・マン・イン・ザ・ダーク(原題) / A Man in the Dark』は、前回同様、サム・ライミとロバート・G・タパートが製作を担当するほか、フェデ・アルバレス監督がメガホンを取り、ロド・サヤゲスと共に脚本を手掛けるという。

[PR]

 物語は、数々の犯罪に手を染めてきた3人の若者たちが、これを最後に足を洗おうと、数百万ドルの蓄えを持つ引きこもりの目の不自由な男をターゲットに強盗をもくろむが、その家に侵入してみると、その男は恐ろしい狂気の持ち主だったことがわかり、わなを掛けたはずの彼らに危機が迫るというもの。

 なお、本作はリメイク版『死霊のはらわた』の続編ではないと伝えられている。(下瀬廣洋)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]