今度のダウニー・Jrは金で動くやり手弁護士!日本公開が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こんな弁護士、日本のドラマにもいたような……? - 映画『ジャッジ 裁かれる判事』より - (c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED,WARNERBROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 ロバート・ダウニー・Jrが、金で動くやり手弁護士を演じている映画『ジャッジ 裁かれる判事』の日本公開日が、2015年1月17日に決定した。ダウニー・Jrの父親役として、『地獄の黙示録』のロバート・デュヴァルが出演。二人は同作で初共演となる。

 本作は、何よりも勝利にこだわる弁護士ハンク・パーマー(ダウニー・Jr)が、絶縁状態となっていた裁判官の父(ロバート)に殺人容疑が掛けられたことを知り、父の弁護を担当し真実を探ろうとするさまを描く法廷サスペンス。人々から絶大な信頼を寄せられていた父が、殺人などするはずもないと思っていたハンクだったが、殺された被害者と父のゆがんだ関係、亡き母だけが知っていた父の秘密、防犯カメラが捉えた不可解な映像など次々と疑わしい証拠が明るみに出てしまい、劣勢に追い込まれてしまう。

 そんな状況にもかかわらず、弁護の方針をめぐって父とハンクは激しく対立。何が本当で何がうそか二転三転する中、父がある決意を秘めていたことが明らかになる。ハンクと熱い舌戦を繰り広げる検事には『チョコレート』のビリー・ボブ・ソーントンがふんしている。監督は『シャンハイ・ナイト』のデヴィッド・ドブキン

映画『ジャッジ 裁かれる判事』は2015年1月17日より新宿ピカデリーほかにて全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]