イライジャ・ウッド、ローブ1枚の美女に「脚を開け」と命令!セクシー&スリリングな映像公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
のぞき見る&見られる二人! - イライジャ・ウッドとサーシャ・グレイ - 2014 (C) ATRESMEDIA CINE, APACHES ENTERTAINMENT, SAYAKA PRODUCTIONES, LA PANDA PRODUCTIONS

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのフロド役で世界的な名声を得たイライジャ・ウッドが、ローブ1枚しか羽織っていない元全米No.1ポルノ女優サーシャ・グレイに「脚を開け」と命令する衝撃的なシーンを含む新作映画『ブラック・ハッカー』の本編映像が公開された。

 本作は、インターネットで人気女優のプライベートライブ映像をのぞき見た青年が、悪夢のような出来事に巻き込まれていくサスペンススリラー。人気女優(サーシャ)とひと時を過ごすことができるという企画に当選した主人公ニック(イライジャ)は、マネージャーを名乗る男に女優が体調を崩したということでキャンセルされ、代わりに隠し撮りしている彼女の部屋のライブ映像をパソコンで閲覧できるようにしようと提案される。言われるがままその映像を見たニックは、やがて思いも寄らぬ事態に陥り、インターネット社会の深みに突き落とされていくというストーリーだ。

 今回公開された本編映像は、素肌にローブ1枚の女優と、その様子をPC上でのぞき、彼女に命令せざるを得なくなったニック、そしてニックに指示を出す謎の人物らの緊迫したやり取りのシーン。恋人トニーが監禁されている映像を見せつけられ、彼女が抵抗することができないのをいいことに、声のみの人物は「彼女は何でもするぞ」「ここから先は君に任せる」とニックに告げる。拒むとトニーに電流が流され彼女が傷つくため、やむを得ず「ローブを開け」とニックは命令。これが次第にエスカレートし、「脚を開け」と命令したところでこの映像は終わる。

[PR]

 姿の見えない誰かから一方的に脅され辱めを受ける女優と、自分の命令によって一人の女性を傷つけ、いつの間にか共犯者となり、その模様を見届けることしかできないニック。リアルタイムで行われているかのような撮影手法によって観客をも共犯者に仕立て上げるという、この作品を象徴するシーンとなっている。

 監督と脚本を務めるのは、『TIME CRIMES タイム クライムス』で新世代スリラーの旗手となったスペインの鬼才ナチョ・ビガロンド。全編の物語を、一台のノートPCのモニター上に開かれたウェブカメラのウィンドウを通して、刻々と変化する複数の出来事を同時に表現する大胆な手法は、予想もできないドラマの結末を描き出す。(下瀬廣洋)

映画『ブラック・ハッカー』は11月22日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]