『007』最新作の“重要な役”にクリストフ・ヴァルツ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
敵か?味方か? - クリストフ・ヴァルツ - Andreas Rentz / Getty Images

 映画『007』シリーズ最新作に、『イングロリアス・バスターズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』のクリストフ・ヴァルツが出演することがわかった。Daily Mailが報じた。

【写真】映画『イングロリアス・バスターズ』

 同サイトによれば、クリストフは「重要な役」を務めるとのこと。しかし、それが主人公ボンドの敵か味方かは明かされていない。これまでにクエンティン・タランティーノ作品などでたびたび悪役を務めてきたクリストフだが、「だからといって今回も悪役とは限らない」と関係者はDaily Mailに話している。

[PR]

 本作は、前作『007 スカイフォール』に続き、ダニエル・クレイグサム・メンデス監督がタッグを組むシリーズ24作目。レイフ・ファインズベン・ウィショーナオミ・ハリスらも再出演し、新たに『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥ、悪役として『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のデイヴ・バウティスタが出演すると伝えられている。

 『007』シリーズ最新作は、イギリスで2015年10月23日、アメリカでは同年11月6日に公開予定。撮影は12月から開始されるという。(宮本裕人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]