永瀬正敏、共演者からの手紙に感激で声をつまらせる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
手紙に感激した様子の永瀬正敏

 俳優の永瀬正敏が15日に都内で行われた、台湾の大ヒット野球映画『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』のジャパンプレミアに出席した。この日、舞台あいさつに立てなかった生徒役の共演者たちからサプライズの手紙が届けられ、永瀬が感激のあまり声をつまらせる一幕があった。

永瀬正敏と生徒たちの絆…フォトギャラリー

 本作は、日本統治下の1931年に台湾代表として甲子園出場を果たし、決勝まで勝ち進んだ“KANO”こと台南州立嘉義農林学校野球部の実話を基にした感動作。この日は、永瀬の妻役を務めた坂井真紀、生徒役を務めたツァオ・ヨウニンとチェン・ジンホン、プロデューサーのウェイ・ダーション、監督のマー・ジーシアン、そして主題歌を担当したRake、中孝介が出席した。

[PR]

 実在の監督・近藤を演じた永瀬は「今日は台湾から4人も駆け付けてくれてとてもうれしい。(ツァオとチェンを見ながら)大事な子供たちも来てくれて……やっともうすぐ公開ですね」と感無量の様子。同じく坂井も「永瀬さんと同じ気持ち。早く皆さんに観ていただきたかったので、わたしも今泣きそうです」と喜びをあらわにした。

 約5か月間にわたり撮影を共にした台湾のキャスト、スタッフに対して永瀬は「だんだん(映画の)イベントがなくなっていくと、みんなと会えなくなるので寂しい」と胸中を告白し、「何かイベントを企画してください!」と懇願。Rake、中孝介が映画への思いを込めたテーマ曲「風になって~勇者的浪漫~」を熱唱すると、永瀬らも手を振りながら体を揺らし、「泣きそうなのをごまかした」と涙腺崩壊寸前であった。

 そんな永瀬に台湾の共演者たちからサプライズの手紙が届けられると、永瀬は少し照れながら「映画の中で僕は、(共演者たちに)『泣くな、泣くな』といい続けています。ここで僕が泣くわけにいかない」と気丈にふるまう。しかし、最後は声をつまらせながら「こんな……温かい子供たちに……うれしいです」と感謝の気持ちを述べた。(取材:坂田正樹)

映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』は1月24日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]