第57回グラミー賞、新星サム・スミスが4冠!最優秀アルバムにベック!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
グラミー4冠! サム・スミス - Photo by Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 現地時間8日、第57回グラミー賞授賞式がアメリカ、ロサンゼルスで行われ、イギリスのシンガー・ソングライター、サム・スミスが、主要部門の年間最優秀レコード賞と最優秀新人賞を獲得。また年間最優秀アルバムには、ベックの「モーニング・フェイズ」が輝いた。

 最多6部門にノミネートされていたサムは、「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」で最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を獲得。さらに、アルバム「イン・ザ・ロンリー・アワー」が最優秀ポップ・ボーカル・アルバムに輝き、新人賞を含む4冠を手にした。

 同じく6部門でノミネートされていたファレル・ウィリアムスは、最優秀ポップソロ・パフォーマンスなど3部門で受賞。また、エイフェックス・ツインが、13年ぶりのオリジナルアルバム「Syro」で最優秀ダンス/エレクトロニックアルバム賞に輝いている。最優秀レゲエ・アルバムにノミネートされていたSPICY CHOCOLATEと、最優秀ニューエイジ・アルバム賞にノミネートされていた喜多郎は受賞を逃した。

[PR]

 また、昨年日本でも空前のヒットを記録し、劇中歌「Let It Go」が大流行した映画『アナと雪の女王』は、映画・テレビ・その他映像部門における最優秀楽曲賞と、最優秀コンピレーションサウンドトラック賞を受賞している。(編集部・入倉功一)

主な受賞結果は以下の通り。

■年間最優秀レコード
「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」 サム・スミス

■年間最優秀アルバム
「モーニング・フェイズ」 ベック

■年間最優秀楽曲
「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」 サム・スミス

■最優秀新人賞
サム・スミス

■最優秀ポップソロ・パフォーマンス
「ハッピー」 ファレル・ウィリアムス

■最優秀ポップデュオ / グループ・パフォーマンス
「セイ・サムシング」 ア・グレイト・ビッグ・ワールド with クリスティーナ・アギレラ

■最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
「イン・ザ・ロンリー・アワー」 サム・スミス

■最優秀ラップアルバム
「ザ・マーシャル・マザーズLP 2」 エミネム

■最優秀ラップコラボレーション
「ザ・モンスターFt.リアーナ」 エミネム Ft.リアーナ

■最優秀ロックアルバム
「モーニング・フェイズ」 ベック

■最優秀コンピレーションサウンドトラック
『アナと雪の女王』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]