新『ロボコップ』俳優がDCコミックス悪役集合映画でボスに?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
悪役集団のボスを演じるかもしれないジョエル・キナマン - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic /gettyimages

 DCコミックスの人気悪役が集結する話題作『スーサイド・スクワッド(原題) / Suicide Squad』で、降板したトム・ハーディに代わり、『ロボコップ』(2014)のジョエル・キナマンが出演交渉中であるとThe Hollywood Reporterをはじめとする各メディアが報じた。

【動画】キナマンが主演を務めた新『ロボコップ』

 本作は、「バットマン」「スーパーマン」など、DCコミックスの人気作に登場する悪役たちが集合し、減刑のために危険なミッションを極秘でこなすというストーリー。キナマンに打診されているリック・フラッグは、そんな悪役集団を率いるチームリーダーという役どころ。この役の候補に、『華麗なるギャツビー』のジョエル・エドガートンや『フューリー』のジョン・バーンサルらの名前も挙がっているものの、現段階ではキナマンが第一候補であるという。

 その他の悪役には、ウィル・スミスはじめ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーゴット・ロビー、アカデミー賞助演男優賞を受賞しているジャレッド・レトー、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のジェイ・コートニー、人気ファッションモデルのカーラ・デルヴィーニュといった豪華キャストぞろい。『フューリー』のデヴィッド・エアー監督がメガホンを取る。(編集部・石神恵美子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]