R2-D2が恋に落ちる…SWスタッフ協力のファンムービーが話題

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
恋に落ちたR2-D2(画像は「Artoo In Love」YouTube動画のスクリーンショット)

 映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するロボットR2-D2を主人公にしたファンムービーが、さまざまな海外メディアに取り扱われるなど話題となっている。

 作品タイトルは「Artoo In Love」。郵便ポストに恋したR2-D2の様子が描かれ、彼女(?)と共にランチを取ったり、映像で愛を語ってみたりと恋に一生懸命なR2-D2の姿が映し出される。しかし幸せな時間は長くは続かず、R2-D2の前に恋敵が現れる……。

 同作は、監督・脚本・製作を務めたエヴァン・アサートンを含めた有志たちによって製作。またルーカスフィルムの特殊効果やVFXを担当しているILMスタジオのアーティスト、ランディス・フィールズも参加している。abc7.comによると、ランディスはこの作品のために、シリーズ新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の作業を休み手伝っていたとのこと。

 映像はソノマ国際映画祭で上映されたほか、YouTubeにもアップされており、「今まで見た中で一番かわいくて、最も出来のいいファンムービーだ」「愛らしい」などという声が相次いでいる。(濱島裕)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]