『007』シリーズの映画化権、争奪戦へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『007/カジノ・ロワイヤル』より - ダニエル・クレイグ - Greg Williams / Eon Productions via Getty Images

 世界的に人気を誇る『007』シリーズの映画化権をめぐり、ハリウッドのスタジオが争奪戦を起こしそうだとVarietyが報じた。

【動画】ローマ封鎖のカーチェイス!『007 スペクター』特別映像

 これまで米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントはMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)と共に映画『007/カジノ・ロワイヤル』『007/慰めの報酬』『007 スカイフォール』などを手掛けてきたが、新作『007 スペクター』を最後にその権利の期限が切れるため、同スタジオが引き続き製作するか、新たなスタジオが権利を獲得するか、その動向が注目を浴びている。

[PR]

 もっとも関係者の情報によると、MGMの会長ゲイリー・バーバーと米ワーナー・ブラザースのCEOケヴィン・ツジハラが親密な関係を築いており、ワーナーが新たなスタジオとして同シリーズの映画化権を獲得する可能性が高いようだ。ちなみにMGMとワーナーは、『ホビット』シリーズを共に手掛けてきた。

 今回の件についてソニーの映画部門会長トム・ロスマンは「現実にソニー・ピクチャーズは、ジェームズ・ボンド作品によって素晴らしい興行を収めてきた。もちろん、われわれソニーも(権利)争奪戦に参戦するが、正直言ってこの業界の誰もが同様のことを考えている」とコメントしている。果たしてどのスタジオが映画化権を獲得するのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]