ホラー監督ロブ・ゾンビ、グルーチョ・マルクスの晩年を映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
故グルーチョ・マルクスさんとロブ・ゾンビ監督 - NBC / NBCU Photo Bank via Getty Images(左)Didier Messens / Redferns via Getty Images(右)

 映画『グラインドハウス』『ハロウィン』などを手掛けたロブ・ゾンビ監督が、コールド・アイアン・ピクチャーズのミランダ・ベイリーと共に、作家スティーヴ・ストリヤールが伝説の喜劇俳優グルーチョ・マルクスを題材にして執筆した回顧録「レイズド・アイブラウズ:マイ・イヤーズ・インサイド・グルーチョズ・ハウス(原題) / Raised Eyebrows: My Years Inside Groucho’s House」の映画化権を取得した。 Deadline が報じている。

【動画】ロブ・ゾンビ監督が放つオカルトホラー!『ロード・オブ・セイラム』

 同回顧録は、グルーチョを含めた伝説のコメディーグループであるマルクス兄弟の長年の大ファンだったスティーヴ・ストリヤールが、グルーチョの個人秘書として仕えた後に、グルーチョの晩年を彼の周りの人物や兄弟、そして彼の晩年のパートナーだった女性エレン・フレミングなどの観点をもとに記したもの。ロブ・ゾンビ監督がメガホンを取り、『アイム・ノット・ゼア』『あぁ、結婚生活』のオーレン・ムーヴァーマンが脚色する。

 これまで、グルーチョとマルクス兄弟を描いた作品は、『ビッグ・アイズ』の脚本家スコット・アレクサンダーラリー・カラゼウスキーが共同監督として企画されていたが、予算が集まらず企画倒れになったことがあった。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]