リリー・フランキー×池松壮亮×橋本愛×寺島しのぶ!盲目の学者が奇跡を起こす『シェル・コレクター』新映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
沖縄の美しい風景も見どころの一つ - (C)2016 Shell Collector LLC(USA)、『シェル・コレクター』製作委員会

 リリー・フランキーが盲目の貝類学者を演じる映画『シェル・コレクター』から、池松壮亮橋本愛寺島しのぶといった豪華出演者が勢ぞろいした特報映像と、リリーが海辺でたたずむ新ビジュアルが公開された。全編沖縄ロケで撮影された風光明媚(めいび)な景色が印象的な映像では、主人公の運命が予期せぬ方向へ進んでいくさまが披露されている。

 ピュリツァー賞作家アンソニー・ドーアの処女短編集の一編を基にした本作。沖縄の離島で厭世(えんせい)的な生活を送る盲目の貝類学者が、ひょんなことから奇妙な同居生活を始めることとなった女性画家・いづみ(寺島)の奇病を偶然にも貝の毒で治癒したことによって、それまでの静かな生活が次第に狂い始める様子を活写する。メガホンを取ったのは『美代子阿佐ヶ谷気分』などの坪田義史監督。

 映像の冒頭では、きらめく波が押し寄せる浜辺を、杖をついて歩くリリーの姿が切り取られている。続いて、「貝はらせんを描く。なぜこの形でこの模様なのか。なぞってもなぞっても、答えは永遠に出ない」というセリフや、島に流れ着いたいづみ役の寺島、奇病に侵された島の有力者の娘・嶌子役の橋本、主人公である学者の息子役の池松の姿が次々と映し出される。「奇跡を起こしてしまったね、先生」という主人公の運命の転換を暗示する言葉が複雑な余韻を残しており、学者の行く末に想像が膨らむ仕上がりとなっている。(編集部・吉田唯)

映画『シェル・コレクター』は2016年2月にテアトル新宿、沖縄・桜坂劇場ほか全国順次公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]