夢がかなった『スター・ウォーズ』ファンが末期ガンで死去 新作鑑賞から数日後

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真はイメージ - Araya Diaz / WireImage / Getty Images

 末期ガンで余命2か月と宣告され、12月18日公開予定の映画『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を特別に事前鑑賞させてもらった米国男性、ダニエル・フリートウッドさんが亡くなったとCNN.comなどが報じた。また、ダニエルさんの妻アシュレイさんもFacebookで彼の死を伝えた。

公開が迫る『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編

 アシュレイさんは現地時間10日、Facebook上に「ダニエルは最後の最後まで闘いました。今は神とフォースと共にいます。眠ったまま安らかに息を引き取りました。彼は永遠にわたしのアイドルでヒーローです」と書き込み、生前のダニエルさんと撮ったツーショットを投稿した。

[PR]

 テキサス州在住で、32歳で亡くなったダニエルさんは、8歳の頃から『スター・ウォーズ』シリーズのファンで、同映画の関連グッズに囲まれて暮らしていたが、極めて珍しいガンに侵され、今年の7月に余命2か月の宣告を受けていた。

 ガンの進行状態から、『フォースの覚醒』は鑑賞できないと絶望視していたが、SNSの力で、最新作を観たいというダニエルさんの願いが広まり、ディズニーとルーカス・フィルムのスタッフが、自宅で完成前の同作を鑑賞できるように手配。今月5日に鑑賞が実現したという。

 新作を観終わった後、アシュレイさんは、「わたしたちをサポートしてくれた友人、家族、そして会ったこともない多くのすばらしい人たちへ。ダニエルの最後の願いがかなえられました! ディズニーとルーカス・フィルムのすばらしい人たちが彼の最後の夢を現実にしてくれたんです。ディズニーは本当に夢をかなえてくれるんですね」とFacebookに書き、同作を手掛けたJ・J・エイブラムス監督や自宅まで来てくれたスタッフにも感謝の言葉を述べていた。

 ダニエルさんの訃報を受け、『フォースの覚醒』の新キャストを務めるジョン・ボイエガはTwitterで、「君が映画を観ることができてうれしいよ。さらに重要なのは、安らかに眠りにつけたことだ。神の祝福があらんことを。本気で感動したよ」とメッセージを送っている。(澤田理沙/編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]