『インデペンデンス・デイ』続編、前作主人公死んでいた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『インデペンデンス・デイ』のヒラー大尉 - 20th Century Fox / Photofest / ゲッティイメージズ

 大ヒットSF映画『インデペンデンス・デイ』(1996)でウィル・スミスが演じた主人公のヒラー大尉が、続編に登場しない理由がオフィシャルサイトで明かされた。ウィルが出演しないことは続編製作開始当初から公表されていた。

【写真】ウィル・スミス演じるヒラー大尉の活躍ぶり

 続編となる『インデペンデンス・デイ:リサージェンス(原題)』の米オフィシャルサイトによると、前作でエイリアンの襲撃を受けた人類は団結し、デイヴィッド・レヴィンソン(ジェフ・ゴールドブラム)をリーダーとする地球宇宙防衛プログラム(ESD)を発足。ESDはエイリアンに対抗できる力をつけるべく、エイリアンが残していったテクノロジーを利用した兵器の開発を進めていた。そして同作の時間軸の2007年4月27日、ヒラー大尉は戦闘機の試用運転中、原因不明の誤作動が起こり死亡したとのこと。オフィシャルサイトにアップされている画像では、ヒラー大尉が乗っていると思われる戦闘機が爆発している様子が写し出されている。

 しかしヒラー大尉の妻ジャスミンと息子のディランは生きている設定のようで、劇中で二人の口からヒラー大尉の最後について語られる可能性もありそうだ。続編ではデイヴィッド役のジェフのほか、ホイットモア大統領役のビル・プルマン、ジュリアス・レヴィンソン役のジャド・ハーシュ、ブラキッシュ・オークン博士役のブレント・スピナーが前作から続投。主人公はリアム・ヘムズワースふんする戦闘機パイロットの新キャラクター・ジェイクにバトンタッチされている。日本公開は2016年の予定。(編集部・井本早紀)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]