スカイツリーが『スター・ウォーズ』色に!史上初の縦2色演出

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スカイツリーがSW色にライトアップ - (C)TOKYO-SKYTREE

 JAXA宇宙飛行士の野口聡一氏が17日、東京スカイツリーで行われた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開記念ライティング・イベントに来場、『スター・ウォーズ』色に染まった東京スカイツリーに「感無量です」と語った。

宇宙飛行士・野口聡一氏、登場!『スター・ウォーズ』東京スカイツリー点灯式 フォトギャラリー

 12月17日から20日までの4日間にわたって行われる本ライティングは、東京スカイツリー史上初となる、青と赤の2色を同時に縦に映すという演出で、青色はスカイウォーカー家に代々受け継がれてきた青いライトセーバー、対して赤色は最新作の悪役カイロ・レンが持つ赤い十字型のライトセ ーバーを表現したもの。点灯式会場にはおよそ150名のスター・ウォーズファンが集合。入場者にはライトセーバーがプレゼントされるなど、ファンは大盛り上がり。さらに会場の周辺には多くの見物客が集まり、点灯の様子を見守っていた。

[PR]

 そこに登場した野口氏は、小学生の時に『スター・ウォーズ』に出会ったといい、「僕はもともと乗り物とかメカ好きで。宇宙を目指すミレニアム・ファルコン号が心に残りました。それが宇宙を目指す第一歩になったと思います」と述懐。さらに「JAXAでも、いろんな人が世代を超えて『スター・ウォーズ』に影響を受けている。もちろんNASAで働く人も大好きな人は多い。『スター・ウォーズ』ファンの宇宙飛行士が、ルーカスフィルムと調整して、ライトセーバーを宇宙に持って行ったこともあるんです。われわれの大好きなライトセーバーは宇宙に行ったことがあるんですよ!」と興奮した様子でコメントした。

 そして最後に、野口氏は会場のファンたちとともにライティングへのカウントダウンを実施。点灯時間を迎え、会場に集まったファンは、ライトセーバーを振りながら「フォースと共にあらんことを!」の大合唱。青と赤のライティングが施され、幻想的な雰囲気に包まれたスカイツリーを見た野口氏は「感無量ですね」と笑顔。「実は宇宙ステーションからスカイツリーが見えるんですよ。東京は明るいので、真上からだと光の加減は分かりづらいんですが、それでもこの辺りは開けていることもあって、墨田川の位置が確認できるんです」と意外な事実を明かしていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日18時30分より全国一斉公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]