ソフィア・コッポラが「椿姫」のオペラ監督に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ソフィア・コッポラ監督 - Jemal Countess / Getty Images

 映画『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』などでおなじみのソフィア・コッポラが、イタリアのローマ歌劇場でオペラ「椿姫」の舞台監督を務めることが歌劇場の公式サイトで明らかになった。

【写真】スカーレット・ヨハンソンが若い!『ロスト・イン・トランスレーション』ギャラリー

 これは、同歌劇場で5月24日~6月30日まで行われるオペラで、今回ソフィアが監督を務めることになった経緯は、「椿姫」の後援者でイタリアのデザイナーのヴァレンティノ・ガラヴァーニが、ソフィアの作品『マリー・アントワネット』を鑑賞して、感動したことから、彼女に依頼したとのこと。

[PR]

 アレクサンドル・デュマ・フィス原作、ジュゼッペ・ヴェルディ作曲のオペラ「椿姫」は、18世紀パリを舞台にした高級娼婦ヴィオレッタと青年アルフレードの悲恋を描いた作品。今回の上演では、古典要素とモダンな要素を交錯させて描くようだ。

 衣装のデザインは、ヴァレンティノ・ガラヴァーニの後継者二人が担当することになっている。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]