前田敦子が“深夜の昼ドラ”で二股、不倫、ドロドロの濃厚ラブストーリー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
恋愛と政治のドロドロエンターテインメント - (C) TBS

 女優の前田敦子が“深夜の昼ドラ”を目指して二股や不倫など、濃厚な恋愛模様が描かれる4月放送開始のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS)で主演することが明らかになった。共演には新井浩文渡辺大知片岡鶴太郎山崎銀之丞橋爪淳らがそろう。

 前田が演じる主人公の毒島ゆり子は、大物政治家の番記者としてバリバリ働く一方、恋愛面は奔放で超恋愛体質。幼い頃に父親に裏切られた経験から男性を信じることができず、「彼氏を2人作る」というルールの下、自由な恋愛を楽しんでいた。それは1人に裏切られても、もう1人に愛してもらえるからで、ゆり子にとって愛と裏切りは常に一体だった。本作は、そんなゆり子が政界の実情を目にしていくと同時に、とある本性を隠し持つエリート政治記者・小津翔太(新井)との恋におぼれ、壮絶な最後を迎えるまでの物語となる。

毒島ゆり子を演じる前田敦子 - (C) TBS

 TBSドラマ初主演となる前田は、初めて台本を読んだとき「ドラマでここまで描いちゃっていいのかな?」と戸惑いもあったそう。しかし「ここまでやっていいんだ。おもしろいな!」とも感じたといい「ゆり子は自分とはまったく違うキャラクターですし、開き直って“せきらら”なゆり子の恋愛や働きぶりを演じて、この役を楽しめたらいいなと思ってます」と意気込みを語った。

[PR]

 さらに、「世の中の女の子の姿をすごくリアルに描いているので、『そうだよね』と共感していただける部分もあると思います。コミカルな描写も多いですし、ゆり子の生活の裏側を覗く感じで気軽に観ていただけたらうれしいです」と作品をアピールした。(編集部・小山美咲)

テレビドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」はTBSにて4月20日深夜24時10分放送開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]