『インディ・ジョーンズ』5作目の脚本家はデヴィッド・コープ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』より - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 2019年7月19日全米公開予定で現在製作準備が進められている『インディ・ジョーンズ』シリーズ5作目の脚本家が、映画『ジュラシック・パーク』などを手掛けたデヴィッド・コープに決まったと The Hollywood Reporter が伝えた。

【写真】ハリソン・フォード、年をとってもカッコイイ!

 スティーヴン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード主演の本作は、コープが脚本を手がけた前作の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』から11年ぶりのシリーズ最新作となる。コープは、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『宇宙戦争』の脚本も担当、スピルバーグ監督にとって長年のパートナーだ。

 『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾のストーリーについては、まだ明かされていない。 また、前作では原案を書いたのはジョージ・ルーカスで、コープはそれを脚本に起こした形となったが、今回は基になるストーリーがすでに存在するのかどうかも不明だ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]