有村架純の癖に大泉洋が突っ込み「タレントとしては致命的」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
声援に応える有村架純

 映画『アイアムアヒーロー』のR15限定試写会が19日、東京国際フォーラムで行われ、大泉洋有村架純長澤まさみが出席、有村が打ち明けた15歳の頃から直らない癖に対し、大泉が「タレントとしては致命的」と指摘する一幕があった。

【写真】めちゃくちゃ楽しそうな長澤まさみ

 15+指定の本作にちなみギリギリ鑑賞できる15歳の学生約100名が参加し、長澤や有村の一挙一動のみならず大泉にも「かわいー」と声援が飛ぶなど、終始大にぎわいだった同イベント。Q&Aコーナーでは15歳にちなんだ様々な質問が寄せられた。

[PR]

 当時の悩みを聞かた大泉は「先生からパーマだと怒られていたので、直毛にあこがれていました」と天然パーマ故のエピソードをおもしろおかしく紹介。長澤も「髪型が決まらないというか……。うちの学校も茶髪や天然ウェーブ届けがあって、ちょっとくせ毛なので髪の毛に悩む年齢でした」と同じく髪型の悩みを振り返り、大泉は「これだけのスターと悩みが一緒でうれしいですよ」と冗談交じりに喜んだ。

 また、当時から直らない癖を聞かれた際に長澤が「笑っちゃいけないときに笑っちゃいます」と明かすと、大泉は「長澤さんそれありますよね。今は違うってところでなぜか笑っちゃうのを何度も見てます。笑うツボがちょっとずれてるんですよね」と納得の表情。

困り顔?を披露

 一方、有村は「緊張したら口をこうしちゃう」と下唇を噛む“困り顔”を披露。学生から「かわいいー!」声援が起こり、照れくさそうにしながらも「あと、見られているのが恥ずかしくて下向いちゃいます。(相手が)こっちを見てないと思うと正面向きます」と恥ずかしがり屋な一面を口にすると、大泉から「なかなかタレントとしては致命的でしょうね」と突っ込まれていた。

 同作は「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などで知られる花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。人々が原因不明のウイルスによって凶暴化したZQN(ゾキュン)から逃れるため、冴ない漫画家・鈴木英雄(大泉)、女子高生・比呂美(有村)、元看護師・藪(長澤)らが挑むサバイバルを描く。(取材・文:中村好伸)

映画『アイアムアヒーロー』は4月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]