『007』シリーズのガイ・ハミルトン監督死去 93歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガイ・ハミルトン監督 - Evening Standard / Hulton Archive / Getty Images

 人気スパイシリーズ映画『007/死ぬのは奴らだ』『007/ゴールドフィンガー』などのガイ・ハミルトン監督が、現地時間20日にスペイン・マヨルカ島の自宅で亡くなった。93歳だった。死因については明らかにされていない。

【写真】黄金まみれの美女『007/ゴールドフィンガー』より

 『007/死ぬのは奴らだ』で主人公ジェームズ・ボンドを演じたロジャー・ムーアは、Twitterを通して監督の死をファンに公表。ロジャーは「信じられない。素晴らしい監督だったガイ・ハミルトンが空の上の偉大なる編集室に旅立ったことを聞いた。非常に悲しい」とコメントしている。

 生涯、ハミルトン監督がメガホンを取った映画作品の本数は22本。『007』シリーズでは、ショーン・コネリー主演の『007/ゴールドフィンガー』『007/ダイヤモンドは永遠に』や、ロジャー主演の『007/死ぬのは奴らだ』『007/黄金銃を持つ男』の監督を務めた。また同シリーズ以外にも、ハリソン・フォード出演の『ナバロンの嵐』やアガサ・クリスティ原作の『クリスタル殺人事件』などを手掛けた。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]