“ワル”になった須賀健太に加藤雅也げんなり!?「こんな奴に育てた覚えはない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
奇抜なメイクで登場した須賀健太

 俳優の加藤雅也須賀健太が9日、都内で行われた映画『シマウマ』完成披露上映会に出席、過去に須賀と親子を演じたことのある加藤は、須賀の“悪変”ぶりに「可愛い思い出を消してほしい」と嘆くことしきりだった。イベントには、竜星涼日南響子高橋メアリージュン福士誠治橋本一監督も登壇した。

【写真】可愛かった須賀健太が怖すぎる……

 本作は、小幡文生による“絶対に読んではいけない漫画”を原作とした、激烈バイオレンス映画。美人局(つつもたせ)で金稼ぎをしていた倉神竜夫(竜星)は、ヤクザを引っかけてしまったことから裏社会へと転落。依頼人の解消できない恨みや憎しみを圧倒的な暴力で昇華させる“回収屋”のドラとして、禁断の世界で生きていくさまを描く。

[PR]

 須賀は、これまでの子役のイメージを覆す猟奇的な快楽殺人者・アカを『バットマン』シリーズに登場する悪役ジョーカーのような奇抜なメイクを施して怪演。この日は劇中同様のメイクで登場すると、「撮影していた頃の特殊なテンションだった気持ちを思い出します。普段経験できない体験ばかりだったので、すごく楽しい(撮影)期間でした」と笑顔で振り返る。竜星も自身の印象が変わる本役に、「違う自分を見てもらえる喜びが強い。嫌いという人もいるかもしれないけど、役者冥利に尽きるかな」と胸を張った。

橋本一監督、福士誠治、日南響子、竜星涼、須賀、加藤雅也、高橋メアリージュン

 その後、ストーリーにちなんで「回収してほしいものは?」と質問された一同。福士が「須賀くんに現場で貸したお金を返してもらいたい」と事実無根の発言で会場を沸かせると、今度は過去にホームドラマで須賀と親子として共演したことのある加藤が、「(昔は)本当に可愛かった。それが今は金を借りて返さないわ、映画の中で人をムチャクチャにやったりとか……。こんな奴に育てた覚えはない」と渋い顔で胸中を吐露。さらに、「そういう小さい頃の可愛い思い出を消してほしい」と嘆く加藤に、須賀は「本当に誠治さんからお金借りてないんです。立派に育っているつもりです」と切々と訴え、共演者の笑いを誘っていた。(取材/錦怜那)

映画『シマウマ』は5月21日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]