ジブリの大博覧会、六本木で開催!『風の谷のナウシカ』から最新作まで30年の歴史に迫る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スタジオジブリ30年の歴史を紐解く! - 風の谷のナウシカ(C) 1984 Studio Ghibli・H

 スタジオジブリ設立から現在までの歩みをたどる特別企画「ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」が、7月7日~9月11日に六本木ヒルズ展望台の東京シティビューで開催されることが発表された。

【写真】ジブリ作品の貴重な資料がいっぱい!

 名作『風の谷のナウシカ』から最新作『レッドタートル ある島の物語』(9月17日公開)まで、数多くの名作を生み出してきたジブリの軌跡をたどる本企画は、これまでのジブリ作品のポスターやチラシといった当時の広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書といった未公開資料などを含む貴重な資料の数々を展示。1985年のジブリ設立から30年間の汗と涙にまみれた歴史を紐解く。

 展示は、これまでのジブリ作品がどのように世に出て行ったのか、試行錯誤から生み出された宣伝方法を振り返る「ジブリの大博覧会展」、ジブリ作品のイメージの一つである“空への憧れ”を会場となる東京シティビューならではの天空の眺望を生かして表現した「スタジオジブリ 空とぶ飛行機展」、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門への出品でも話題のジブリ最新作を紹介する「レッドタートル ある島の物語展」、限定グッズも販売される「物販ショップ」の四つのスペースで構成される。入場料は一般2,300円、高校・大学生1,700円、4歳~中学生1,100円、シニア(65歳以上)2,000円。(編集部・吉田唯)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]