反町隆史「相棒」次回作も続投!劇場版&シーズン15決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
水谷豊×反町隆史のコンビが再び - (C) 2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ

 「相棒」シリーズの劇場版第4弾とドラマシーズン15の製作が決定し、前シーズンから水谷豊ふんする主人公・杉下右京の4代目“相棒”となった反町隆史(冠城亘役)が続投することが明らかになった。水谷も「これまで歴代の相棒とは劇場版に挑戦してきて、今回、相棒が冠城亘になった時に、映画ができなかったら、反(ソリ)になんて言われるかと心配していたので、本当に嬉しいです(笑)」と歓喜した。

【写真】成宮&及川“新旧”相棒がそろって登場

 寺脇康文及川光博成宮寛貴に続き、昨年のシーズン14より4代目相棒として登場し、初の警察官ではない相棒となった反町演じる亘。頭脳明晰なキャリア官僚らしさを出す一方で、コミカルな一面も見せ、新鮮なコンビネーションを生み出した。今年3月に放送された同シーズンの最終回では、所属先の法務省を事実上のクビになり、飛ばされた先は警視庁。今年10月から放送されるシーズン15では正式に警視庁所属となる。

[PR]

 2シーズン目に突入する反町は「シーズン15と聞くと、『相棒』の歴史を感じますね。シーズン14の最終回を経て、僕がどういった形で登場するのか、個人的に興味はあります。今シーズンは、前回よりも、役としては右京さんと、個人的にも水谷さんと、少しでも相棒になれるように経験値を踏んで、頑張りたいと思います」とコメント。

 初参加となる劇場版については「最初に台本を読んだとき、ドラマとは違ったスケール感の大きさ、劇場版ならではのスケール感を感じました。『どうやってこれを撮影するんだろう?』と思ったほどです」と驚きながらも、「それを、ドラマと同じスタッフとともに映画を撮影できることが嬉しいです」と喜びを語った。

 一方、水谷は「俳優になってシリーズを15作も続けられる日が来るとは夢にも思っていなかったので、『15』という数字をみると不思議な気持ちです。ここまでやっているのに、なにもやっていない気もしていて、本当に不思議なんです」と心境を吐露しつつ、「毎シーズン『これ以上無い』と思う所までやっていながら、それを常に超えてきているという実感があります。シーズン15も今まで以上のシーズンになるだろうなと、経験上既に実感しています」と自信。

 2017年公開予定の劇場版についても「冠城亘のユーモアが映画の中に盛り込まれているので、楽しみな作品になりそうです」と明かし、「『劇場版IV』では、こんなことが起きてしまうんだ……と、今あまり言えないのですが、これまで以上のものが、またお見せできると思います」と期待をあおった。(編集部・中山雄一朗)

「相棒 season 15」は2016年10月放送開始(2クール)、『相棒 -劇場版IV-』は2017年全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]