「ハンニバル」製作者、古代神VS現代神の新ドラマ!「X-ファイル」ジリアン・アンダーソン参加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
神々のスポークスパーソンよ。 ジリアン・アンダーソン - Stefanie Keenan / Getty Images for Chopard

 テレビドラマ「ハンニバル」を手掛けたブライアン・フラーによる米Starz局の新作ドラマ「アメリカン・ゴッズ(原題) / American Gods」に、テレビドラマ「X-ファイル」「ハンニバル」のジリアン・アンダーソンの出演が決まった。The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】ジリアン・アンダーソン出演『X‐ファイル:真実を求めて』

ジリアン、いらっしゃい! ブライアン・フラー Gabriel Olsen / Getty Images

 同ドラマは、英作家ニール・ゲイマンの小説「アメリカン・ゴッズ」をテレビシリーズ化したもの。北欧やインド、アメリカンインディアンなど、世界中の神話に登場する古き神々と、金、テクノロジー、セレブ、薬物などを愛する現代文明から生まれた新しい神々の戦いを巡るストーリーとなっている。

[PR]

 ジリアンが演じるのは新しい神々のスポークスパーソン、“メディア”。彼女はさまざまなセレブの姿で新しい神々の対外的な顔、セールスパーソンを務める。人間がパソコンやテレビ、携帯電話のスクリーンに注目することが彼女への崇拝となり、生気を与えている。元気いっぱいのメディアは、常に状況をコントロールする力を持ち、ニュースを自分に適した形に自由に操っている。

 ほかには、ローラ・ムーン役に映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』のエミリー・ブラウニング、ウェンズデー役に映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』の黒ひげ、イアン・マクシェーン、シャドウ・ムーン役にテレビドラマ「The 100/ハンドレッド」でリンカーンを演じたリッキー・ウィトルがキャスティングされている。

 パイロット版の脚本はブライアンとテレビドラマ「HEROES/ヒーローズ」のマイケル・グリーンが担当し、ショーランナーも務めるとのこと。原作者のニールは製作総指揮に名を連ねている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]