『スター・ウォーズ』ヒロイン、ジブリ映画起用の瞬間が人生の最高潮!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジブリ大好き! - デイジー・リドリー - Christopher Polk / Getty Images

 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のヒロイン・レイ役で知られるデイジー・リドリーが、スタジオジブリの『おもひでぽろぽろ』の声優に起用された時こそ「今までで最も素晴らしい瞬間だった」とMetro紙に語った。デイジーは今年初めにアメリカ公開された同作の英語版で、主人公・タエ子の吹き替え声優を務めている。

【動画】来日時のデイジー・リドリー

 『スター・ウォーズ』の新たなヒロインとして世界的な注目を浴びることになったデイジーだが、ジブリ作品に起用された瞬間ほど興奮したことはないようで「今までで最も奇妙で、最も素晴らしい瞬間で、信じられなかった! 魔法みたいだった! 本当にジブリの映画がやりたかったの」とにっこり。「ジブリの映画ってどんなものか表現することができない物。観る必要がある。わたしが10歳くらいの時、母が『ハウルの動く城』を観に連れて行ってくれたことを覚えているけど、わたしたちは『オーマイゴッド! 何これ!?』ってなった。とても衝撃を受けたわ」と幼い頃にジブリ映画を観た時のことを振り返った。

[PR]

 キャスティング当時、デイジーはすでに『スター・ウォーズ』のヒロインに決まっていたが、『おもひでぽろぽろ』の主役の座を射止めるために3度オーディションを受けなくてはいけなかったという。「わたしは自分の能力を証明しなくてはいけなかった。でもそれが一番気に入っている部分なの。だって、『スター・ウォーズ』に出ているからという理由で選ばれたくはなかったから」。夢の仕事を実力でつかみ取っただけに、喜びも一層だったのだろう。

 『おもひでぽろぽろ』は、都会での生活に漠然と物足りなさを感じていた27才のOL・タエ子が山形の田舎を訪れ、小学生の頃の思い出を振り返りながら自然や人々と触れ合ううちに、本当の自分を見つけるさまを描いた高畑勲監督作。日本語版のタエ子の声は、今井美樹が務めた。(編集部・市川遥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]