伝説の音楽プロデューサー映画がオープニングナイト上映

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
クライヴ・デイヴィス - Kevin Mazur / Getty Images for Keep a Child Alive

 今年で第16回を迎えるトライベッカ映画祭のオープニングナイト作品が、伝説の音楽プロデューサー、クライヴ・デイヴィスを題材にしたドキュメンタリー映画『クライヴ・デイヴィス:ザ・サウンドトラック・オブ・アワ・ライヴス(原題) / Clive Davis: The Soundtrack of Our Lives』に決定した。同映画祭の公式サイトによって明らかになった。

ジェニファー・ハドソン【写真】

 同映画祭はアメリカ・ニューヨークで現地時間4月19日~30日まで開催され、オープニングナイト作品はニューヨークのラジオ・シティ・ミュージック・ホールで上映される。上映後に歌手アレサ・フランクリンジェニファー・ハドソンアース・ウインド&ファイアーなどがパフォーマンスを行う予定だ。

[PR]

 デイヴィスは1932年ニューヨークのブルックリン生まれ。10代の時に両親が亡くなり、お金のない孤児になったものの、すでに結婚している姉のもとで暮らし始め、そこからハーバードのロースクールを卒業する。卒業後小さな法律事務所で働いていたが、1960年にコロムビア・レコードの顧問弁護士となり、1967年よりコロムビアの社長を務め、1973年に解任されたが、アリスタ・レコード(前身「ベル・レコード」)を設立。その親会社から融資を受けて、Jレコードも創設した。2000年にはロックの殿堂入りを果たした。

 これまで、1970年代初めにエアロスミスと契約、ホイットニー・ヒューストンさんを世界的な歌手にしたのも彼の功績が大きい。さらに、ショーン・コムズと共にバッド・ボーイ・レコーズを設立した。その他にもジャニス・ジョプリンさん、バリー・マニロウカーリー・サイモンTLCブルース・スプリングスティーンサンタナなどのミュージシャンたちの作品もプロデュースしてきた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]