シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

アニメ版『ゴジラ』11月公開へ!2万年後の地球“怪獣惑星”が舞台

アニメ版『ゴジラ』11月公開へ!2万年後の地球“怪獣惑星”が舞台
この緊迫感! - (C) 2017 TOHO CO.,LTD

 『ゴジラ』シリーズとして世界初のアニメーション映画『GODZILLA』の舞台が、“怪獣惑星”になり果てた2万年後の地球であることが明かされ、物語の一場面を描写した新ビジュアルが披露された。タイトルは『GODZILLA -怪獣惑星-』となり、今年11月に公開されることも決定した。

 1954年の映画『ゴジラ』以来、長くファンに愛され、昨年には実写映画『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)が興行収入82.5億円を記録する大ヒットを遂げるなど、ますます人々の関心を集める“ゴジラ”。本作で描かれるのは、これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画す、シビアでハードな未来の世界だ。2万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語となる。

 監督には『名探偵コナン』シリーズの静野孔文と『亜人』シリーズの瀬下寛之、ストーリー原案&脚本には『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの虚淵玄という、日本アニメ界をけん引する実力派たちにより製作される本作。新たに公開されたティザービジュアルでは、未来のスキンスーツをまとい、険しい表情をした主人公・ハルオが中心に描かれている。背後の空には、まさに着陸しようとする複数の宇宙船(揚陸艇)と編隊を組む機体が、地上には二足歩行ロボットやバイクのような形状をした兵器(ホバー)が確認できる。激しい戦闘を予感させる緊張感に満ちた1枚だ。

 巨大生物“怪獣”の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在“ゴジラ”。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、敗走を重ねた人類は、ついに地球脱出を計画した。そして2048年、一部の人間だけが恒星間移民船で11.9光年の彼方にある星を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたその地は、人類が生存可能な環境ではなかった。移民船に乗る青年・ハルオは4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考えていた。移民の可能性を閉ざされ、船内ではハルオを中心とした地球帰還派は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、すでに2万年の歳月が経過し、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか……。

 サブタイトルの“怪獣惑星”というのがまさに、2万年後の地球の“変わり果てた姿”を指している。新ビジュアルはつまり、“怪獣惑星”となった地球に、人類が2万年ぶりに再び降り立った、その瞬間を写し出している。掲げられた「この<地球>を必ず取り戻す」というコピーは、ハルオをはじめとする人類たちの、ゴジラに対する“因縁”そのものだ。うたい文句通りのこれまでにない世界観に、『ゴジラ』シリーズの新たなステージを期待せずにいられない。

 本作はまた、ボイスキャストに梶裕貴、櫻井孝宏、杉田智和、諏訪部順一、花澤香菜、宮野真守(五十音順)といった主役級の人気声優陣がそろうことも注目されている。(編集部・小山美咲)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 3月
  4. 24日
  5. アニメ版『ゴジラ』11月公開へ!2万年後の地球“怪獣惑星”が舞台