「ガルパン」声優&杉山P、戦闘機も本物!ノーランの戦争巨編に感服

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
声優の中村桜と杉山潔プロデューサー

 アニメ「ガールズ&パンツァー」プロデューサーの杉山潔と同作で佐々木あけびの声を担当した声優の中村桜が17日、内幸町のワーナー・ブラザース映画試写室で行われた『ダンケルク』サバイバル試写会に出席、リアリズムを追求するクリストファー・ノーラン監督のこだわりに感銘を受けた様子を見せた。この日は軍事評論家の岡部いさく、ミリタリー・アドバイザーの宮永忠将も来場した。

【写真】「ガルパン」声優も出席!フォトギャラリー

 本作は、第2次世界大戦中、ドイツ軍に包囲されたフランスの港町ダンケルクから、英仏軍約40万人の兵士を救い出した作戦を題材にしたサスペンス映画。5億円をかけたという戦闘機スピットファイアのレプリカや、博物館船になっていた本物の駆逐艦や、当時の民間船までも調達するなど、徹底してリアリズムが追求されている。

[PR]

 美少女×戦車の組み合わせと本格的なミリタリー描写で話題を集めた「ガールズ&パンツァー」の杉山プロデューサーは、「映画の中に戦車が出ると思って映画を観たら、あれ? と。僕はここにいていいんですか?」と冗談めかしてコメント。一方、中村は「画面の奥に戦車がいるかもしれませんよ」と続け、宮永も「われわれは心の中で見えるものがあると思う」と付け加えた。

ノーラン監督の戦争巨編に感服!ミリタリー・アドバイザーの宮永忠将、軍事評論家の岡部いさく、中村桜、杉山潔

 また「今日は評論家というよりも、飛行機ファンとして来ました」と語る岡部は、「最新の予告編を観たらスピットファイアが出ているじゃないですか! すれた戦争映画ファンなので、どうしても粗を探そうとしてしまうんですけど、この映画はここまでやってくれるんだと。民間の救出船も、12隻ほど本物が登場します。それを集めるノーラン監督もすごいし、それを提供するイギリスの人たちもすごい」と熱弁。さらに「それから今まで戦争映画には出たことがない。今、世界に飛べる飛行機が1機しかないブリストルブレニムが出てきます。本物です。このシーンだけでも1,800円払う価値があります。わたしはシニア料金ですが」と恍惚(こうこつ)とした表情。

 さらに中村が「今までに観た、どの映画とも違う。まるでそこにいるような臨場感があります」と語る通り、リアリティーを追求するノーラン監督のこだわりを次々と称賛する登壇者たち。そんな中、「ガールズ&パンツァー 最終章」の予告編が上映されたが、宮永から「(第1話は)12月9日に初日と書いてありましたけど、本当に大丈夫なんですか?」とツッコミ。遅延が話題となった同作制作陣を意識したコメントに、杉山プロデューサーは「僕の立場では難しいとは言えないですよ」と苦笑いを浮かべていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ダンケルク』は9月9日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]