泥まみれが似合う?朝ドラ・映画続く有村架純に訪れた変化「想像以上の戦い」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
有村架純 - 写真:高野広美

 司馬遼太郎のベストセラーを映画化した『関ヶ原』で本格時代劇、本格アクションに初めて挑戦した有村架純が、昨年の活躍から朝ドラ「ひよっこ」に至るまでの女優としての心境の変化を語った。

【映像】有村架純がかわいすぎる…『関ヶ原』撮影中のNG集

 有村が本作で演じた初芽は、命を助けてくれた石田三成(岡田准一)の侍女となる忍びだが、有村は「時代劇はいつかやりたいと思っていたし、お姫様のような役ではなくて、泥まみれになるような役の方がわたしには似合っている」と言う。

[PR]

 それにしても有村のこの1年の、それまでとは違うチャレンジングな姿勢には目をみはるものがある。『3月のライオン』では憂いを帯びた大人の女性にふんし、今回の『関ヶ原』では時代劇の忍びに挑戦。10月7日公開の『ナラタージュ』では教師と禁断の恋におちるヒロインを体当たりで演じているが、そこは本人も自覚的のよう。彼女は「新しい風が吹いたんです」と強調する。

 「これまで正統派の等身大の女の子の役をやらせていただくことが多かったんですけど、どの子も似てきているのでは? どの芝居も同じになっているのでは? と思えてきて、ずっともどかしかったんですね。自分としてもお芝居の幅を広げたいと強く思っていました」。

 また有村は「『何者』で三浦大輔監督とご一緒できたのが大きかったですね」とそのきっかけについても説明する。「現場の密度がとにかく濃かったんです。監督のこだわりがすごくて、テイクを毎回20回ぐらい重ね、1シーン1カットをものすごく時間をかけて撮られていたので、いろいろな面で鍛えられました。そこから大友啓史さん(『3月のライオン』)、行定勲さん(『ナラタージュ』)、今回の原田眞人さんといった監督との濃密な時間を過ごさせてもらって、全然違う役とも向き合えているので、ものすごく楽しいですね」。

[PR]

 そう言って現在の充実ぶりを笑顔でアピールしながらも、「いまは『ひよっこ』に時間も頭の中も支配されていて、1年前のことも忘れちゃうぐらい」と意外な悩みを告白。「8か月間、ほぼ毎日NHKに行って、朝から夜までお芝居をするのは体力的にも精神的にも想像以上の戦いでした」と口にするが、次の瞬間にはいつもの前向きな表情に戻り、「でも、二度と経験できることではないし、得られるものが絶対にあると思うので、残りの撮影期間を頑張って乗り切りたいですね」ときっぱり。力強いその言葉には、役と真摯に向き合い、コツコツと突き進んできた女優・有村架純の揺るぎない意志が感じられた。(取材・文:イソガイマサト)

映画『関ヶ原』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]