ついに決定!『スーサイド・スクワッド』続編の監督が明らかに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『スーサイド・スクワッド』続編がついに動きだした! - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ハーレイ・クインをはじめDCコミックスの悪役が集結した映画『スーサイド・スクワッド』続編の監督を、『ザ・コンサルタント』のギャヴィン・オコナーが務める見込みになったとDeadlineが報じた。

【写真】とりあえずハーレイがいればOK?『スーサイド・スクワッド』

 本作は、バットマンをはじめとするヒーローに捕まった悪人たちが、減刑のため政府の危険なミッションに挑むアクション映画。『フューリー』のデヴィッド・エアーが監督・脚本を担当し、デッドショット(ウィル・スミス)やハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、ジョーカー(ジャレッド・レトー)など、人気スターが個性的な悪人を演じた。

[PR]

 続編については、エアー監督がハーレイをはじめとする女性悪役のスピンオフ『ゴッサム・シティ・サイレンズ(原題) / Gotham City Sirens』に取り掛かるため、長らく別の監督探しが行われており、『ハクソー・リッジ』で監督復帰を果たしたメル・ギブソンや『エスター』のジャウマ・コレット=セラが候補に挙がっていた。

降板しないですよね? ギャヴィン・オコナー監督Vera Anderson / WireImage / Getty Images

 オコナー監督は、長らくパートナーを組んでいるアンソニー・タンバキスと脚本も担当。前作『スーサイド・スクワッド』は全世界興行収入7億4,000万ドル(約814億円・1ドル110円計算)を突破する一方で、批評家やコミック映画ファンからは不評を買っており、大ヒットと同時にファンが期待する作品を届けるという意味でも、オコナー監督には大きな責任が課せられることになりそうだ。DCは『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス監督がメガホンを取るジョーカーのスピンオフも企画しており、独自ユニバースをさらに拡大させている。(数字は Box Office Mojo 調べ)(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]