シネマトゥデイ

北野武監督、芸能人生どん底から救ってくれたベネチア映画祭に感謝!クロージングを飾る!

第74回ベネチア国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
拍手喝采を受ける北野監督

 現地時間9日、第74回ベネチア国際映画祭が北野武監督作『アウトレイジ 最終章』の公式上映をもって閉幕した。ちょうど20年前の第54回で最高賞の金獅子賞を『HANA-BI』で受賞してから、9回目の参加となった北野監督。それほど本映画祭との縁は深く、上映後には多くのファンから「テンサイ!」「アリガトウ!」などのかけ声とともに拍手喝采を浴びた。

北野監督、レッドカーペットに!【他写真】

 名誉あるクロージング作品に選ばれた本作は、極悪非道な男たちの壮絶な権力闘争を描いた大ヒットシリーズの最終章。上映会場のレッドカーペット前には、特製のTシャツやバッグを身につけた北野監督の”ファンクラブ”がお面をつけて待ち構えるなど、熱心なファンが多く存在。北野監督は「キタノセンセイ!」「タケシサン!」などの呼びかけに応じ、写真撮影やサインなどファンとの交流を楽しんでいた。上映では、エンドロールが流れ始めるやスタンディングオベーションが送られ、北野監督も安心したような表情で観客に向かってお辞儀をしたり、手を振っていた。

[PR]

すごい!北野監督のファンクラブ

 公式上映後、取材に応じた北野監督は、「クロージングなのでお客がいない感じかと思ったら、いたので」と冗談交じりに語りながら、胸をなでおろした様子。さらには「エンドロールになれば、スタンディングオベーションになるんだよ。本当のスタンディングオベーションを受けたのは、『HANA-BI』と『菊次郎の夏』くらいだよ」と“たけし節”を炸裂。それでも、「3回か4回目くらいにファンクラブができて、それ以降、いつも来るたびにいろんな仕掛けで笑わせてくれるので、ホッとするというか、ベネチアでもファンがいてくれるんだなと」と本映画祭との強い絆を改めて実感している様子。

 フランスのカンヌ国際映画祭での経験もあるが、「カンヌは(最高賞の)パルムドールを取ったなと(手応えを)感じたのに、はずされたことがあったので、その恨みがまだ残っている」と笑いを誘う。「(カンヌより)ベネチアの方がバイオレンスに対して寛容だな」とつぶやくも、過激な暴力シーンでは観客の笑いがもっと出るかと期待していたそうで、「だいぶバイオレンスに慣れてきちゃったのかなと、ちょっと潮時かなと。またベネチアにくるときには全然違う作品できたいですね」とすでに次回に思いを馳せ、「ベネチアの期待はずれになるようなことはしたくない。あとこれから映画を何本つくれるかわからないので」と前置きし、興行成績にとらわれない、自分がつくりたい作品をつくる決意を口にしていた。

 公式上映前に行われた記者会見では、本映画祭に対する思いを明かしていた北野監督。「『HANA-BI』まで何本か映画を撮ったりしていたけど、日本ではほとんど評価がなくて、ダメな監督と言われて。自分はスタンドアップコメディーとかテレビタレントもやっていて、ちょうど事故で体を壊したこともあり、日本のエンタテインメントの世界ではもう終わった人というような記事を書かれたり、うわさされたり、自分のキャリアの中で一番落ち込んでいた時代があって。その後、ベネチア映画祭でおかげさまで立派な賞をいただいたことで、一気にまた元のエンターテイナーとしての地位に戻っていけたような、ベネチア映画祭というのは、自分の芸能人生の中で絶対に欠かせないものの一つと言いますか、事件であり、いまだにそれを感謝していますし、ベネチア映画祭には9回出させていただいていますが、毎回そのことを思い出して、いつも感謝しています。ありがとうございました」。今回のクロージング上映という貴重な経験も、北野監督の芸能人生の1ページに深く刻まれたことだろう。(編集部・石神恵美子)

映画『アウトレイジ 最終章』は10月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]