吉高由里子5年ぶり主演作は「100年残る代表作!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美人…!吉高由里子

 女優の吉高由里子が23日、新宿で行われた映画『ユリゴコロ』初日舞台あいさつに出席、およそ5年ぶりの映画主演作となった本作について、熊澤尚人監督から「吉高由里子の100年残る代表作」と太鼓判を押された。この日は松坂桃李佐津川愛美清野菜名清原果耶、主題歌を担当したRihwaも来場した。

吉高、黒のシックなドレス姿【他写真】

 殺人に取りつかれた女性の壮絶な人生を描きだした、沼田まほかるのミステリー小説を映画化した本作。およそ5年ぶりの映画主演作に、吉高は「無事に初日を迎えることができてホッとしています。すごく自分が引きずられて、本当に摩耗した作品なので、たくさんの方に観ていただきたいなと思います」と晴れ晴れとした顔であいさつ。

[PR]

 トーク中には「あなたにとって純愛とは?」という質問が投げられ、「映画に対しては愛情を注いでいます」(熊澤監督)、「8年前からずっとジャスティン・ビーバーが大好き。ライブに行けなくて残念」(清野)といった返答が飛び出す中、「どうしよう……絶対にあたしオチだよね」と困惑の表情を隠せない吉高。そこで彼女がひねり出した答えは、「愛なんて人から教わるものでも勉強するものでもなく、知識や経験から育まれていく要素なので何も否定できないし、みんなが持っている感覚が愛だと思う。わたしは20過ぎて、ハイボールのCMをいただいて。日本でも海外でもハイボールを飲んで。愛の結晶シュワシュワ。今日は土曜日なんで、おうちに帰ってからいかがでしょうか? お後がよろしいようで」とおどけたコメントで会場を沸かせた。

 その後もRihwaが主題歌を披露した後のコメントで、「どうですか、皆さん。って、まるであたしが歌ったみたいに言っていますが。もし、あたしがああいう声を出せるなら、毎回歌いたい」。さらに共演者の松山ケンイチからの手紙を読み上げられると、「手紙だとキレイに収まる方なんですね。普段はユニークな方なんですけど」と発言するなど、“吉高節”を炸裂させてイベントを盛り上げた。

 そんな舞台あいさつも終盤。登壇者を代表して、最後のコメントを求められた吉高は、「この映画は2011年に原作が発表されて、そこからすぐにたくさんの映画会社が争奪戦を繰り広げて、ようやく映画化されました。熊澤監督は3、4年前からこの映画にかけていて。監督の思いが詰められた映画なので、最後は監督の言葉で」と語るや、熊澤監督にバトンタッチ。

 それを受けた熊澤監督は「僕の思いはもちろん強かったんですが、それでも観ていただいた方にはよく分かっていただいた通り、本当に、主人公の美紗子を演じた吉高さんなくしては作れなかった作品です。冗談抜きで血を流しながら、涙を流しながら熱演していただいたおかげでできあがりました。濁流にのまれるシーンもスタントなしで本人が、身体をはって演じてくれました。吉高由里子の主演映画として、100年残る代表作だと思っているんで、吉高さんに拍手をしてあげてください」とうながすと、会場からは万雷の拍手。その言葉を受けた吉高の瞳は、こころなしかうるんでいるようにも見えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ユリゴコロ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]