広瀬すず、生田斗真とのキスシーンで禁断の行為!

キスシーン前にあることをしてしまった広瀬すず
キスシーン前にあることをしてしまった広瀬すず

 女優の広瀬すずが28日、都内で行われた映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』初日舞台あいさつに生田斗真と登壇し、キスシーン前に禁断の行為を犯していたことを打ち明けた。イベントには、竜星涼森川葵健太郎中村倫也三木孝浩監督も登場した。

【他写真】広瀬、シックなドレスで登場!

 本作は、『高校デビュー』『俺物語!!』などの原作を手がけた漫画家・河原和音による少女コミックを実写化した作品。ぶっきらぼうな性格だが生徒思いの高校教師・伊藤貢作(生田)と、彼に生まれて初めての恋をする女子高生・島田響(広瀬)の不器用な恋愛模様を描く。

[PR]

 ついに公開を迎え、「今だから言える話」を披露することになった一同。すると広瀬は、ウェディングドレス姿の響と伊藤とのキスシーン前に、カレーを食べていたことを告白。キスシーンと言えば、役者同士が気を遣い、特に臭いがきつい食べ物は控えることが暗黙のルールとなっているが、広瀬はその時に用意されていた昼食のメニューから、あえてカレーをチョイス。マネージャーから呼び出されて「本当に食べるの?」と確認されてもその意志を貫いたという。

 とはいえ、後から「『(キスシーン前に)広瀬すずは、カレーを選ぶんだ』と思われたかもしれないとドキドキしていた」と話す広瀬。ところが、当の生田は「全然気づかなかった」そうで、広瀬は「じゃあ良かったです」とすっかり安心した笑顔を見せていた。

 一方の生田は、悩んだ挙句に「本当に目が悪くて、視力0.06しかないんですよ」と明かし、すぐ隣の広瀬に向かって、「今コンタクトしているけど、外したら広瀬すずか広瀬アリスかわからない」と吐露。しかし、これまでに、森川が三木監督作品のオーディションに過去落ちたこと、健太郎が三木監督作品に参加するも出演シーンを全カットされたことなど、まさに“今だから言える話”を紹介しており、生田は自らのパンチの弱さから告白後の静まる会場を「シーン」と表現して空笑い。その後、MCから「考えに考え抜いて、目が悪いということでした」とまとめられると、「何その感じ~。なんか煽ってくるじゃん」と可愛くむくれ、逆に会場の笑いをさらっていた。(取材:錦怜那)

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]