まずは君が落ち着け!大慌ての宮野真守、『シン・ゴジラ』松尾諭と名シーン再現

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
目をかっぴらいて驚く宮野真守(左)に名シーンを再現する松尾諭(中央)とそれを見守る津田寛治(右)

 ゴジラ史上初の長編アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』(11月17日公開)の完成披露試写会が2日、都内で行われ、宮野真守など声優陣がそろって舞台あいさつを行った。舞台あいさつ終盤にはサプライズゲストとして『シン・ゴジラ』のキャストである松尾諭津田寛治が飛び入りするハプニングに会場は騒然。宮野が「本物だ!」と大慌てしていると、松尾が「まずは君が落ち着け!」と『シン・ゴジラ』の名セリフで制止。客席の大歓声を浴びた。

【画像】イベントで子供のようにはしゃぐ宮野真守

 2万年の時が経過した地球で、人類とゴジラが対峙するさまを描く本作。壇上には宮野ほか、声を担当した櫻井孝宏花澤香菜梶裕貴諏訪部順一と、静野孔文監督と瀬下寛之監督が登壇。主人公の声を担当した宮野は本作について自信たっぷりで、「自信を持ってお届けできる作品が出来ました。全力で演じましたし、製作陣も全力で作りました。ぜひ、よろしくお願いします!」と客席へアピール。

[PR]

 飛び入りした松尾も「スケールがすごかった」と驚きの表情で、津田も「映像がCGとアニメの中間くらいのものでびっくりしました。あと、声優さんのセリフ量がすごいなって」と絶賛。「僕らもセリフが多いように見えたでしょうけどたくさんキャストがいたので。でも、今回あれだけの少人数であれだけのペースでやっていらっしゃるのは本当にすごいなって」と述べ、宮野は2人のコメントに感激しきり。

アニゴジ陣とシンゴジ陣が一緒に!

 声優陣の収録は、声優が先に収録した台詞や音楽に合わせて絵を描いていく「プレスコ」という手法が使われたが、壇上では声優陣がこの特殊な収録を振り返る一幕も。「大変だったのでは」と司会者が問うと、声優陣側は意外とクール。櫻井は「あんまり深く考えすぎずにアフレコに臨みました」とさらり。花澤も「(プレスコだから)どうしたらいい? というのはなかった」と笑顔。

 宮野は「プレスコでやることで、いないものと戦うという難しさはあったんですけど、そこが一番難しかったというわけではないです。イメージの共有をみんなでしながらプレスコを進めていきましたし、みんなとコミュニケーションをとりながらの作業。間合いで演技が出来て、僕たちとしてはやりがいがありました」としみじみと答えていた。

 またこの手法ゆえに完成したものを観た時の感動も大きかったといい、「今までは想像の中にあったものがやっと見れたっていう感動がありました。それを人一倍感じさせてもらった収録でした」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]