高畑充希、実は童顔がコンプレックス!

高畑充希、今回は童顔で良かったと喜ぶ
高畑充希、今回は童顔で良かったと喜ぶ

 女優の高畑充希が7日、都内で行われた映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』完成披露会見に出席し、実は童顔がコンプレックスであることを打ち明けた。この日は、堺雅人堤真一安藤サクラ田中泯中村玉緒山崎貴監督も来場した。

【他写真】高畑&堺そろって満面の笑み!

 『ALWAYS 三丁目の夕日』チームが結集し、西岸良平のベストセラーコミック「鎌倉ものがたり」を実写映画化した本作は、人間だけでなく、幽霊、妖怪、仏様、死神なども暮らす古都・鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺)が、亡くなった年若い嫁・亜紀子(高畑)を連れ戻すために黄泉の国へ旅立つ姿をファンタジックに描いた夫婦の愛の物語。

[PR]

 山崎作品を「映画館で何本も観ていた」という高畑は、「メチャメチャ超大作を撮る監督というイメージがあって、(自分を)呼んでもらえる日が来るとは想像していなかった」と驚くが、台本や原作に「小学生に見間違えられる若い妻」と書いてあったことから「だからか……と思いました」と腑に落ちたことを吐露。高畑にとって「童顔がコンプレックスなときもある」そうだが、「今回は童顔で良かったと思いました」と語ると、山崎監督は「童顔といったら高畑さん」とぶっちゃけつつも、「この役は幼い姿から母性を見せる姿まで幅広くできなきゃいけないので、高畑さんのスキルに助けられました。童顔だけで選んだわけではない」と説明。その言葉に、高畑は「ちょっとホッとしました」と安堵していた。

 また、初共演で新婚夫婦役を務めた堺について、「いつかご一緒できたらいいなと勝手に思っていた」と明かすと、「年齢が離れているので、夫婦役が貰えるなんてそんなラッキーなことはないと、すごくびっくりしたし嬉しかった」と手放しで喜ぶ高畑。

 すると堺は、様々な作品で座長を務めあげる高畑に「根拠のない信頼感」を持っていたことを打ち明け、「なんなら(高畑が)先輩くらいの気持ちで共演していました」とにっこり。さらに、試写会では撮影中の夫婦としての感覚が蘇ったようで「高畑さんの手を握りたくなった」とも。高畑は思わず「握ってくれたらよかったのに」と残念がっていた。(取材:錦怜那)

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』は12月9日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]