七五三…!?高畑充希、美しい着物姿に周囲からツッコミ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
高畑充希「脱七五三!」

 女優の高畑充希が9日、都内で行われた映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』初日舞台あいさつに、堺雅人堤真一安藤サクラ田中泯中村玉緒山崎貴監督と共に登壇した。高畑は、朱色の鮮やかな着物で登場したものの、堤や山崎監督から「七五三だな、千歳飴持ってきた?」と突っ込まれたエピソードを明かすと「堺さんだけはきれいな着物だねって言ってくれたんです。味方です」と劇中同様、蜜月ぶりをアピールしていた。

【ほか写真】高畑充希、着物姿が可愛い!

 本作は、西岸良平のベストセラーコミックを映画『永遠の0』の山崎監督で実写映画化。幽霊や魔物たちの「人ならざるもの」たちが日常的に姿を現す鎌倉を舞台に、ミステリー作家・一色(堺)と、その妻・亜紀子(高畑)がさまざまな騒動に巻き込まれていく姿をファンタジックに描く。

[PR]

鏡開き!

 高畑は「堺さんはプロモーションでずっと一緒にいたのですが、わたしの変なところが漏れ出ても、いつも笑ってくれるので、こんなわたしでも大丈夫なのかなと思っちゃうんです」と笑顔で語ると、堺も「物怖じしない感じだから、現場でも平気かなと思っていたら、実際はすごく緊張していたと聞いて、大物女優のように扱って申し訳なかったなと思っていました。女優さんとしてはすばらしい方なので、これからも何度も共演したい」と“良い夫婦”をアピール。

 共演者から“子ども扱い”されていた高畑だったが、山崎監督は「以前、プロモーションのあと、みんなで飲みに行って、結構ヤバイ話になったのですが、高畑さんはそこそこだったら下ネタはOKなんです」と大人な高畑の姿を披露すると、高畑は「そこそこだったら大丈夫です。脱七五三!」と自虐的にしめて客席を笑わせていた。

 この日は、初日を祝って壇上で鏡開きが行われたが、そこでも高畑はたる酒を口にし「おいしい」と笑顔をみせて、“大人”の一面をのぞかせた。(磯部正和)

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]