大門、余命3か月「ドクターX」細い体は伏線だった!

大門未知子、倒れるーーー
大門未知子、倒れるーーー - (C)テレビ朝日

 米倉涼子主演の大ヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第5シリーズでは、米倉ふんする大門未知子が、通常に輪をかけたスレンダーなスタイルを保っていることがファンの間でうわさになっていたが、この体形こそ今シリーズの設定を再現するための役づくりであったことが明らかになった。14日に放送される最終話では、大門が余命3か月の状態に陥っている設定になることが公表された。

【画像】確かに細い…最終話、大門未知子の患者姿

 先週放送された第9話のラストで大門未知子(米倉)が倒れる……という衝撃の展開を見せた本作。そして最終話では、大門が後腹膜肉腫を患い、余命3カ月であることが発覚するというショッキングな事実が判明する。演じている米倉自身「この展開について知ったのは、今シリーズの撮影中盤だった」とのことで、「視聴者の方々にどう見せていくべきか悩んだ」という。

[PR]

 その結果、米倉は「具合が悪いという予兆が見えては面白さが半減してしまう。立ち居振る舞いはあくまで元気なままにして、体型だけは細めを維持しよう」と決意。細めの体型を維持してドラマの撮影に臨んだ。

 今回「ドクターX」シリーズ初の「大門が患者になる」という展開が訪れる最終回では、大門と彼女の師匠である「名医紹介所」所長・神原晶(岸部一徳)が寄り添って涙するシーンも。米倉は「一徳さんの顔を見るだけで涙腺のスイッチが入っちゃうので、撮影でも泣く場面まではなるべく見ないようにしていました」と撮影時の心境を告白。また岸部と2人で「この後に名医紹介所のセットも本当に壊れるのよね」と話したそうで、「寂しさで胸が締め付けられましたね……こんな気持ちは初めて。長く続くシリーズものだからこその、終わる寂しさを今回初めて体感しました」としんみりとした表情ものぞかせていた。

 そして米倉は「こんなに長いシリーズに出演するのは初めてでしたけど、すごく楽しくて、一度も嫌いになったことがないんですよ」とも。ファンに向けて「最後だと思うと、心の中では不思議な気持ちや悲しい気持ちが入り乱れますが、キャストもスタッフも強い思いを込めて撮影していますので、ぜひ見ていただきたいです」と呼び掛ける。そんな米倉だが、全撮影を終えた後に何をするか尋ねられると「何もいたしません!」と大門さながらの返答。だが「でも、縫う練習は続けておこうかな(笑)」と“今後”も期待させるコメントを寄せていた。(編集部・井本早紀)

「ドクターX~外科医・大門未知子~」最終話は12月14日午後9:00~午後10:14にテレビ朝日系で放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]