ケヴィン・スペイシー降板からまさかの逆転劇!リドリー・スコット最新作、日本公開決定

キャスト&スタッフの情熱がすごすぎる…GG賞ノミネートおめでとうございます!
キャスト&スタッフの情熱がすごすぎる…GG賞ノミネートおめでとうございます! - (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ケヴィン・スペイシー降板から、まさかのゴールデン・グローブ賞3部門ノミネートという逆転劇を繰り広げている、リドリー・スコット監督の最新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が2018年初夏に日本公開されることが明らかになった。

降板したケヴィン・スペイシー【画像】

 アカデミー賞に次ぐ権威のある賞として知られるゴールデン・グローブ賞のノミネーションが12日に発表されると、監督賞(リドリー・スコット)、主演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)、助演男優賞(クリストファー・プラマー)の堂々3部門にノミネートされ一躍注目を浴びることになった本作。なぜなら、今月22日の全米公開を目前に、あろうことかスペイシーの降板劇が発生し、お蔵入りすらささやかれていたのにもかかわらず、急きょ代役で決まったプラマーまでもが助演男優賞にノミネートされるという、どんでん返しを見せたからだ。

[PR]

 そんな本作は、1973年に起こった、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を描いたもの。17歳の孫ポールが誘拐され、1,700万ドル(当時の為替レートで約47億円)という身代金を要求されたゲティ(プラマー)は、大富豪にもかかわらず、稀代の守銭奴だったため、支払いを拒否。ポールの母ゲイル(ミシェル)は、離婚後すっかりゲティ家とは疎遠になり、中流家庭の人間となっていたことから、息子のために誘拐犯のみならず世界一の大富豪にも立ち向かわなくてはいけなくなる……。

 重厚なドラマと最後まで目が離せないスリリングな展開が魅力である本作の脚本は、『地球が静止する日』のデヴィッド・スカルパが執筆し、2015年度のハリウッドのブラックリスト(映画スタジオ重役が選ぶ、映画化前の優秀脚本リスト)にも選ばれていたほど。ミシェル、マーク・ウォールバーグら実力派が集結し、セクハラ騒動でスペイシーの降板という事態に見舞われながらも、プラマーを新たに迎え、短期間での再撮影を敢行した。キャスト&スタッフの情熱によって完成までこぎつけた本作には、オスカーも見えてきたとの声もあがっている。

 スコット監督は、ゴールデン・グローブ賞ノミネーションを受けて「撮影後に予期せぬ挑戦が待ち受けていましたが、公開を楽しみにしている世界中の観客の皆様を思いながら、挑戦する決意を固めました。このプロジェクトに関わった何百人ものスタッフ・キャストが全てのシーンに魂を込めて、この挑戦へと立ち向かいました。素晴らしいニュースに、格別の喜びを感じています。ありがとうございます」と喜びのコメントを寄せている。(編集部・石神恵美子)

[PR]

<ゴールデン・グローブ賞 ノミネートコメント>

◆リドリー・スコット監督(監督賞ノミネート)
ハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)が「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」を評価してくれた事に感激し、心から感謝しています。またミシェル・ウィリアムズとクリストファー・プラマーの素晴らしい演技が称賛されたことも、誇りに思います。撮影後に予期せぬ挑戦が待ち受けていましたが、公開を楽しみにしている世界中の観客の皆様を思いながら、挑戦する決意を固めました。このプロジェクトに関わった何百人ものスタッフ・キャストが全てのシーンに魂を込めて、この挑戦へと立ち向かいました。素晴らしいニュースに、格別の喜びを感じています。ありがとうございます。

◆クリストファー・プラマー(助演男優賞ノミネート)
「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」を完成させたリドリー・スコット監督の素晴らしいチームに深い感銘を受けました。チームは驚異的な偉業を成し遂げ、私もこのかつてない機会に関われた事を嬉しく思います。ハリウッド外国人記者クラブの評価に深く感謝いたします。

◆ミシェル・ウィリアムズ(主演女優賞ノミネート)
名誉あるノミネートに心から感謝しています。この感動を私の親愛なる友人リドリー・スコット監督と新しい友人であるクリストファー・プラマーと一緒に分かち合える事にも、大きな喜びを感じています。この作品に関われた事を誇りに思います。私にとって素晴らしい道のりでした。またヒュー・ジャックマンと『グレイテスト・ショーマン』のスタッフ達にも大きな祝福を贈りたいです。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]