シネマトゥデイ

湯浅政明監督の3作品が北米公開へ!『夜明け告げるルーのうた』など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
北米公開決定!(画像は『夜明け告げるルーのうた』より) - (C) 2017ルー製作委員会

 2017年アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門でクリスタル賞(最高賞)を受賞したアニメ映画『夜明け告げるルーのうた』を手掛けた湯浅政明監督の3作品が、米配給会社GKIDSにより北米配給されることが明らかになった。

少年と人魚の少女の出会い!『夜明け告げるルーのうた』【映像】

 その3作品とは『MIND GAME マインド・ゲーム』(2014)、『夜は短し歩けよ乙女』(2017)、『夜明け告げるルーのうた』(2017)。『MIND GAME マインド・ゲーム』はGKIDSと STUDIO 4℃ が契約を交わし、『夜は短し歩けよ乙女』と『夜明け告げるルーのうた』はGKIDSとフジクリエイティブコーポレーションが契約を交わし、2018年中に3作品全てを北米で配給することが決定した。

[PR]

 今回の決定について、GKIDSの社長デイヴ・ジェステッド氏は「GKIDSは、北米の湯浅監督のファンに3作品も配給できることに非常に興奮している。これまで湯浅政明監督の忘れ難い創造的な才気を楽しむ体験ができなかった人々には、大いに楽しむことのできる作品になるだろう」とコメントを残している。

 なお、『夜明け告げるルーのうた』は英語吹き替え版も製作され、これから開催されるサンダンス映画祭で北米プレミア上映が行われる予定だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]