シネマトゥデイ

池田純矢、『牙狼』衣装に貴乃花親方風とツッコミ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
このストールが親方っぽい

 映画『牙狼<GARO> 神ノ牙-KAMINOKIBA-』の初日舞台あいさつが6日に新宿バルト9で行われ、栗山航池田純矢青木玄徳井上正大南里美希雨宮慶太監督が劇中衣装で登壇した。

【画像】貴乃花親方風ストール?池田純矢の衣装全身

 本作は世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描いた道外流牙シリーズの最新作。魔戒騎士の鎧が奪われたのをきっかけに、黄金騎士・道外流牙がかつての仲間と倒したはずのホラーと再会するさまを映す。

[PR]

 シリーズが始まって3年。流牙を演じた栗山が「もう3年もたったのかという感じです。自分で言うのもなんですけど、昔は少年っぽかったけど今ははたから見ても大人になったと思います」と成長を振り返ると、莉杏(りあん)役の南里も大きくうなずきながら「莉杏もあんなに生意気だったギャルから立派な女性になっていると思います。……自分で言っちゃった」と照れ笑い。

 本作では衣装も変化し、雨宮監督いわく「全員黒にしたかった」流牙や莉杏についても細かいディティールに変化が加えられたそう。すると、蛇崩猛竜役の池田は自身の衣装に「鏡を見ていて、首から長いストールをかけているのが貴乃花親方と一緒だなと」と冗談めかし、背をそらしてステージ上を歩いてみせ、会場内は爆笑。

メンバー集合!

 魔獣ホラー・ジンガにはスカート風の布が加えられており、演じた井上は「戦っている時にもしょっちゅう剣で刺されたりひっかかったりして大変でした。二度とこの衣装でアクションはやりたくないと思いながらも、好きな衣装です」と説明。蹴りのシーンも気を使ったそうで、「回し蹴りならふわっとなるのでいいけど、この(スカートが下りている)状態で横蹴りをすると(スカートで脚が)隠れてしまうので、一回一回ばさっとなびかせてから蹴ったりしていました」と実演しながらアクションのこだわりを語った。

 本作ではそんな新旧メンバーがそろい踏みしたのもファンには嬉しいポイントで、ステージでは以前と変わらぬノリツッコミのあるにぎやかなトークを展開。とはいえ、それぞれ別の作品でも活躍し俳優としても成長しているだけに栗山は不安もあったそうで、「久しぶりだから、怖い大人になっていたらどうしようかと思ったけど……」と吐露しつつ、「でも、相変わらずこういうふうでした」と楽しげに再会した様子を振り返っていた。(取材・文:中村好伸)

映画『牙狼<GARO> 神ノ牙-KAMINOKIBA-』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]