シネマトゥデイ

大泉洋『ドラえもん』に大感激「のび太君こそ金メダリスト」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
のび太君の大ファンになった大泉洋

 俳優の大泉洋が19日、スペースFS汐留で行われた『映画ドラえもん のび太の宝島』大人だけの先行試写会に来場、初めて観たという劇場版『ドラえもん』でのび太の大ファンになったことを告白した。この日は高橋茂雄サバンナ)と脚本を務めた川村元気も共に来場した。

大泉洋、のび太君を絶賛!【他写真】

 春の風物詩となる劇場版『ドラえもん』シリーズ第38作となる本作は、太平洋上に突如現れた宝島を舞台に、ドラえもんとのび太たちが冒険を繰り広げる様が描かれるアドベンチャーアニメ。大人が観ても感動できる作品ということで、一般の完成披露試写会に先駆けて、ドラえもん好きの大人を集めた先行試写会が実施されることとなった。

[PR]

 壇上に立った大泉は、「(本作に)出ておいて、こんなことを言うのは申し訳ないんですが、実は『ドラえもん』の映画を通らずに生きてきたんです。子どもの頃からバラエティーばかり観ていたんで……」と告白。そして本作で初めて劇場版『ドラえもん』に触れたことに、「大人になってからも、『ドラえもん』は泣けると聞いてきて。なんぼのもんじゃいと思って観たけど……。まぁ(大泉が声を担当した)キャプテン・シルバーがいいんですわ」と自画自賛のジョークを交えて、会場を沸かせつつも、「なるほど、こういうことかと。これは泣けるなと。初めて『ドラえもん』の良さを知りました。これから毎年(劇場版を)一本ずつ、順繰りさかのぼって観てやろうと思います」と謎の宣言。高橋たちから「それじゃ観終わった時はものすごい年になってる!」とツッコミを入れられ、会場は大盛り上がり。

 一方、「僕は毎年観ていて、大好きなんです」と語る高橋は、「今年は台本をいただいて。めちゃくちゃおもろいぞというのが手にとって分かりました。ドラえもんの声をやっている(水田)わさびさんにお会いした時に『今年のヤバくないですか?』と言ったんですが、わさびさんも『今年はすごい』と。ドラえもんが言うてるんだから間違いないと思いましたね」と太鼓判を押した。「僕は面白いのに出たんですね」としみじみ語る大泉に、高橋も「38年かけてる場合じゃないですよ。年内で観てください」とあらためてオススメしていた。

 「今回の作品は大人が楽しめるということで、子どもは観なくていいんじゃないかと思うんですよ」と軽口をたたき、川村たちをあわてさせた大泉だったが、「あのダメなのび太君があんなにも変わって。のび太君の勇気に泣けますね。のび太君のメガネの中は、全部白いけど、その中の目がブワーッとうるむ。あの泣き方がいいんですよ。それからドラえもんを助けるためにとんでもないことをするでしょ。のび太君以上に勇気のある人はいないんじゃないかな。一番尊敬する人はのび太君ですね。あんなカッコいい人はいない」と断言。

 そして現在、平昌オリンピックが開催されていることにちなみ、「のび太君こそ金メダリストですよ。そしてパッと見たらしずかちゃんも同じことをしていて。しずかちゃんは銀メダリストですよ。とにかく今は、のび太君の大ファンですね」とたたみかけるなど、すっかり『ドラえもん』の魅力にはまった様子の大泉だった。(取材・文:壬生智裕)

『映画ドラえもん のび太の宝島』は3月3日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]