シネマトゥデイ

ソフィア・コッポラ、女性を人間的に描きたい

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
来日したソフィア・コッポラ - 撮影:ホンマタカシ

 第70回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いた映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のPRで来日したソフィア・コッポラ監督がインタビューに応じ、ドン・シーゲル監督×クリント・イーストウッド主演『白い肌の異常な夜』(1971)と同じ原作小説を再映画化した理由などについて語った。

映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』予告編

 トーマス・カリナンの小説「The Beguiled」が原作の本作は、南北戦争期のアメリカ南部にある男子禁制の寄宿学園に負傷して運び込まれた北軍兵士・マクバニー伍長をめぐって、女性たちの情欲と嫉妬がむき出しになっていくさまを描き出す。

[PR]

 エマ・ワトソン主演の前作『ブリングリング』(2013)の製作を終え、プロダクションデザインのアン・ロスにすすめられて、『白い肌の異常な夜』を鑑賞したのがこのストーリーとの出会いだと振り返るソフィア。「女性ばかりのこのストーリーがいかに面白いか、衝撃を受けたわ。でもオリジナルの映画は、男性視点で描かれている。だから私なりの視点でこのストーリーを描いたらどうなるか、興味をもったの。オリジナルの映画版では、女性はヒステリックなものとして描かれているように感じたから、私のバージョンでは女性をもっと人間的に描きたかった」。

 「私は時代に忠実でありたいと思うし、観る人にその時代を感じてほしいと思っている。映画を通して別の時代を経験するのはとても興味深いことだから。でも同時に、現代の観客が“同じ人間なんだ”とキャラクターに共感できるようにも心がけている。この映画は性の抑制や情熱について描いているから、現代人でも共感できると思った。人間とは何かという普遍的なテーマを描いていると思うわ」。その言葉通り、南部戦争時代のストーリーながらも、根幹をなす女性たちのライバル意識や連帯感の描写には息をのむ。

 少女から園長まで愛憎劇を繰り広げる7人の女性たちには、自分自身が投影されているとも明かす。「異なる世代を経験してきて、私は彼女たちとは違うけれど、もし彼女たちの立場になったらどうするのかをできる限り想像したわ。彼女たちがどうやって生きていたのか、リアルな人間として描けるように。時には、知人を思い浮かべたりしながらね」。一方、女性視点で描くことにより、原作と違う印象を与えることになったのがコリン・ファレル演じるマクバニー伍長だ。「原作小説での彼はとても穏やかな男性だと思う。彼はただ生き延びようとしているだけ。でも私の映画では女性視点だから、彼を信頼していいのか、そうでないのか、そういう描き方をしたわ」。ソフィアにとっての新境地である心理スリラーで、これが功を奏しているのは言うまでもない。

[PR]

 すべての女性を狂わせていく、そんな難しい役どころをコリンは見事に演じているが、ソフィアから特に指示したことはなかったそうで、「コリンはとてもチャーミングでインテリジェントで、ロマンチスト。彼は男女の力関係についてよく理解していて、この役を演じきれるという自信に満ちていたわ。このストーリーには、すべての女性を魅了する男性が必要だったから。コリンは適応能力が高くて、巧みにみんなを惹きつけていたわ。でも、気取ってなくていい人なの。女性に好きなようにおしゃべりさせたり、それは強い男性だからこそできることだと思うわ」と称賛の言葉を続けた。

(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

 また、ポスタービジュアルにも使われているように、女性たちが柵越しに捉えられているシーンが劇中でなにより印象的だ。「画を通して彼女たちの置かれた状況について語れればと思っているわ。柵越しにしたのは、彼女たちはどこにも行かない、彼女たちは囚われているんだというのを表現するため。彼女たちは、必ずしも自ら切り開いてきたわけではない人生を歩むことになってしまったということね」。それは、デビュー作の『ヴァージン・スーサイズ』をはじめ、ソフィアがこれまで幾度となく描いてきたヒロインたちの姿と重なるところがある。「『マリー・アントワネット』とかはそうね。でもすべてがそうとは思っていなくて、女性が文化的に立ち向かわなくてはいけないことについて描いてきたつもりよ」。ためらうことなくそう答えられることが、彼女の女性監督としての強みであるのは明白だった。(編集部・石神恵美子)

映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]