衝撃の別れ…「ウォーキング・デッド」展開に視聴者ショック(ネタバレあり)

ゾンビが襲ってくる! - 写真は「ウォーキング・デッド」シーズン3より
ゾンビが襲ってくる! - 写真は「ウォーキング・デッド」シーズン3より - AMC / Photofest / ゲッティ イメージズ

 人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」(FOXチャンネル)が26日より放送開始したシーズン8の9話で衝撃の展開を迎え、Twitterなどで「泣けました」「涙止まりません」「信じられん、、、」と反響を呼んでいる。(ネタバレあり)

ゾンビが後ろに!「ウォーキング・デッド」【写真】

 “ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる終末世界を舞台に、元保安官のリック(アンドリュー・リンカーン)が、生存者たちとともに安住の地を求めて旅を続けるさまを圧倒的なリアリティーで描く本作。“ウォーカー”に襲われ、敵対する生存者と戦い、仲間を失いつつも進み続けるリックと仲間に多くの視聴者が釘付けになっており、最新話放送中には、ドラマタイトルがTwitterのトレンドに上がるなど話題となった。

[PR]

 同ドラマでは、今までも主要な登場人物が次々と殺されてきたが、今回はついにシーズン1から登場していた主人公リックの息子カール(チャンドラー・リッグス)までもが犠牲となった。内気な少年だったカールは、母の死や時には重症を負うなど幾度もの試練を乗り越えたキャラクター。また、カール役のチャンドラーは10歳の時から8年間に渡って同役を演じていた。視聴者は「明日仕事できねーわ」「喪失感……」「カール…大好きでした」とカールとの別れを受け入れることができずにいるようだ。

 シーズン8の前半は、カールが“ウォーカー”に襲われ噛まれたことが分かるという衝撃のラストを迎えていた。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]