サイコパス×アニゴジがコラボ!ドミネーターがゴジラを診断?特別ビジュアル公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
常守朱が登場! ドミネーターの診断結果はどうなる? - (C)2018 TOHO CO., LTD.  (C)サイコパス製作委員会

 先日、再始動が発表された人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」と、シリーズ第2弾『GODZILLA 決戦機動増殖都市』(5月18日公開)の公開を控えるアニメ版『ゴジラ』がコラボレーションを果たした、特別ビジュアルが公開された。

【画像】ついにアニゴジにもメカゴジラ降臨!

 2012年にレーベルの立ち上げ作品としてテレビ放送された「サイコパス」と、5周年の節目を飾る『決戦機動増殖都市』には、ストーリー原案・脚本がアニメーション界の鬼才・虚淵玄(ニトロプラス)が担当した点や、それぞれのメインキャラクター声優として花澤香菜櫻井孝宏が起用されているなど数多くの共通点がある。

[PR]

 とはいえ、全く違う世界観を持つ両作のコラボは、今年5周年を迎えたアニメーションレーベル「TOHO animation」作品であることから実現。「サイコパス」の塩谷直義監督がラフを切り、『GODZILLA』に登場する歴代最大サイズの“ゴジラ・アース”と、「サイコパス」の主人公・常守朱(つねもりあかね)が描かれた。

 『GODZILLA』の舞台となる2万年後の地球で、特殊拳銃の「携帯型心理診断・鎮圧執行システム」ドミネーターを携えた朱が、まさにゴジラ・アースと対峙せんとするさまを捉えた、コラボならではの意外性と緊迫感が溢れる特別な一枚になっている。

 先日、「PSYCHOーPASS SS」として新プロジェクトの移動が発表された「サイコパス」だが、当時発表されたビジュアルに朱は登場していなかった。「不思議に思われた方もいるのではないでしょうか?」という塩谷監督は、「……そうです! 二万年後の未来にタイムスリップし、あの巨大生物ゴジラアースを執行すべく闘っています!! ……という飛躍した妄想はこの辺で終わります。今回、日本を代表する作品『ゴジラ』とコラボ出来たことをとても光栄に思っております。素敵な機会を頂けて嬉しい限りです」と喜びを語っている。

[PR]

 なお、このコラボビジュアルは今週末24日と25日に東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan 2018」の TOHO animation ブースに大型ビジュアルとして展示されるほか、隣接ブースのストアで「GODZILLA 決戦機動増殖都市 VS PSYCHO-PASS サイコパス クリアファイル」として数量限定販売される。(編集部・入倉功一)

「『PSYCHO-PASS サイコパス』Next Project 」は 2019年1月より3作連続公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]