「ヨガ7時間」片岡鶴太郎、25年ぶり舞台も余裕の顔

片岡鶴太郎、25年ぶりの舞台
片岡鶴太郎、25年ぶりの舞台

 片岡鶴太郎25年ぶりの舞台となる「笑う巨塔」の公開ゲネプロが29日、新宿区にある東京グローブ座で行われ、2時間半を超える舞台にも「ヨガは7時間やっているから堪(こた)えていない」と涼しい顔を見せるひと幕があった。ゲネプロ終了後には報道陣に向けた囲み取材も行われ、宅間孝行篠田麻里子松本享恭石井愃一梅垣義明かとうかず子鳥居みゆきも出席した。

【画像】篠田麻里子のコマネチ姿!

 宅間が主宰していた人気劇団「東京セレソンデラックス」で2003年に初演されたシチュエーションコメディー「HUNGRY」を、2012年に「笑う巨塔」として上演したものを6年の時を経て再演することになった本舞台。宅間が手がける「タクフェス春のコメディ祭!」第2弾作品となるこの公演では、都内にある病院を舞台に、とび職の親方とその家族、弟子、代議士とその秘書、医者、看護師、見舞客、水道屋たち、さまざまな人たちの思いが交錯し、ドタバタを繰り広げる。

 片岡にとっては、今回の舞台が25年ぶりの舞台出演となる。「25年ぶりということで、新鮮な気持ちで。楽しみながらやっています」と笑顔を見せた片岡は、「インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定」に合格したということもあり、「ヨガをやってから劇場に来るんですか?」という質問にも「もちろんですよ!」と誇らしげな笑顔。「芝居は2時間半くらいですが、ヨガは7時間やっているので、堪えていないですよ」と余裕の顔を見せる片岡が、宅間から思わず「本当ですか!?」と尋ねられるひと幕も。それには照れくさそうに「ちょっときついですけどね」と付け加え、周囲を笑わせた。

[PR]
画像テキスト
アイーンをする篠田麻里子

 また、近年精力的に舞台活動にいそしんでいる篠田は、本作が初の本格コメディー作品。「コメディーはほぼ初に近いです。鶴さん、みゆきちゃん、宅間さん、コメディーの方が勢ぞろいとなっているので、自分のキャラを出す難しさがありますが、みなさんが楽しんでいる姿を見て、わたしも楽しみたいと思います」と語った。この日のゲネプロでは、ビートたけしの「コマネチ」や、志村けんの「アイーン」、萩本欽一の「欽ちゃん走り」など往年のギャグをところどころに織り込み、コメディエンヌとしての魅力を惜しみなく発揮。果ては、本家・片岡鶴太郎と一緒に「ピヨコちゃん」を披露するひと幕もあり、会場を大いに盛り上げた。(取材・文:壬生智裕)

タクフェス春のコメディ祭!「笑う巨塔」は3月29日から4月8日まで東京グローブ座にて上演(全12回。その後は名古屋、兵庫、愛媛、福井公演もあり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]